Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

4.4. 論理ボリュームの管理

このセクションでは、論理ボリューム管理の様々な要素を実行するコマンドを説明します。

4.4.1. リニア論理ボリュームの作成

論理ボリュームを作成するには、lvcreate コマンドを使用します。論理ボリュームに名前を指定しないと、デフォルトの名前 lvol# が使用されます (# の部分には論理ボリュームの内部番号が入ります)。
論理ボリュームを作成すると、論理ボリュームがボリュームグループから作成され、ボリュームグループを設定する物理ボリュームの空きエクステントが使用されます、通常、論理ボリュームは、その下層の物理ボリュームで次に使用可能な空き領域を使用します。通常、論理ボリュームは、次に解放された物理ボリュームで使用できる領域を使用します。論理ボリュームを編集すると、物理ボリューム内の領域を再割り当てます。
以下のコマンドは、ボリュームグループ vg1 に、10 ギガバイトの論理ボリュームを作成します。
# lvcreate -L 10G vg1
論理ボリュームサイズのデフォルト単位はメガバイトです。次のコマンドは、ボリュームグループ testvg 内に、名前が testlv でサイズが 1500 メガバイトのリニア論理ボリュームを作成し、ブロックデバイス /dev/testvg/testlv を作成します。
# lvcreate -L 1500 -n testlv testvg
次のコマンドは、ボリュームグループ vg0 の空きエクステントから、名前が gfslv でサイズが 50 ギガバイトの論理ボリュームを作成します。
# lvcreate -L 50G -n gfslv vg0
lvcreate-l 引数を使用すると、論理ボリュームのサイズをエクステントで指定できます。この引数を使用すると、関連するボリュームグループ、論理ボリューム、または物理ボリュームセットのサイズの割合も指定できます。接尾辞 %VG はボリュームグループの合計サイズ、接尾辞 %FREE はボリュームグループの残りの空き容量、そして接尾辞 %PVS は物理ボリュームの空き容量を示します。スナップショットの場合は、サイズに接尾辞 %ORIGIN を使用して、元の論理ボリュームの合計サイズをパーセンテージで指定することができます (100%ORIGIN にすると、元の論理ボリューム全体が使用されます)。サイズをパーセンテージで指定した場合は、新規の論理ボリュームにおける論理エクステントに上限が設定されます。したがって、作成する LV の論理エクステントの正確な数は、コマンドが完了するまで決定されません。
以下のコマンドは、ボリュームグループ testvg の 60% の容量を使用する、論理ボリューム mylv を作成します。
# lvcreate -l 60%VG -n mylv testvg
以下のコマンドは、ボリュームグループ testvg の空き領域をすべて使用する、論理ボリューム yourlv を作成します。
# lvcreate -l 100%FREE -n yourlv testvg
lvcreate コマンドに -l 引数を使用すると、ボリュームグループ全体を使用する論理ボリュームを作成できます。もしくは、vgdisplay コマンドを使用して合計 PE サイズを確認し、その結果を lvcreate コマンドへの入力として使用しても、ボリュームグループ全域を使用する論理ボリュームを作成することができます。
以下のコマンドは、ボリュームグループ testvg の全域を使用する論理ボリューム mylv を作成します。
# vgdisplay testvg | grep "Total PE"
Total PE              10230
# lvcreate -l 10230 -n mylv testvg
論理ボリュームの作成に使用した下層の物理ボリュームは、物理ボリュームを削除する必要がある場合に重要になる可能性があります。そのため、論理ボリュームを作成する際にはこの可能性を考慮する必要があります。ボリュームグループから物理ボリュームを削除する方法は、「ボリュームグループからの物理ボリュームの削除」 を参照してください。
ボリュームグループから論理ボリュームを作成する際に、特定の物理ボリュームを割り当てる場合は、lvcreate コマンドラインの末尾に物理ボリュームを指定します。以下のコマンドは、ボリュームグループ testvg から、物理ボリューム /dev/sdg1 を割り当てた論理ボリューム testlv を作成します。
# lvcreate -L 1500 -n testlv testvg /dev/sdg1
論理ボリュームに使用する物理ボリュームのエクステントを指定することができます。以下の例では、ボリュームグループ testvg の、エクステントが 0 から 24 の物理ボリューム /dev/sda1 と、エクステントが 50 から 124 の物理ボリューム /dev/sdb1 から、リニア論理ボリュームを作成します。
# lvcreate -l 100 -n testlv testvg /dev/sda1:0-24 /dev/sdb1:50-124
以下の例では、エクステントが 0 から 25 の物理ボリューム /dev/sda1 からリニア論理ボリュームを作成し、そのエクステントを 100 にします。
# lvcreate -l 100 -n testlv testvg /dev/sda1:0-25:100-
論理ボリュームにエクステントを割り当てる方法に関するデフォルトポリシーは inherit で、ボリュームグループにも同じポリシーが適用されます。このポリシーは、lvchange コマンドで変更できます。割り当てポリシーの詳細は、「ボリュームグループの作成」 を参照してください。