4.7. クラスター内の個別ノードでの論理ボリュームのアクティブ化

クラスター環境に LVM をインストールしている場合は、単一のノード上で論理ボリュームを排他的にアクティブ化しなければならない場合があります。
論理ボリュームを単一のノード上で排他的にアクティブ化するには、lvchange -aey コマンドを使用します。または、lvchange -aly コマンドを使用して、論理ボリュームを排他的ではなくローカルノード上のみでアクティブ化することもできます。これらの論理ボリュームは、後で追加のノード上で同時にアクティブ化することができます。
また、「付録D LVM オブジェクトタグ」に説明されているように、LVM タグを使用した個別ノード上での論理ボリュームのアクティブ化も可能です。さらに、設定ファイル内でノードのアクティブ化を指定することもできます。これについては、「付録B LVM 設定ファイル」で説明されています。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。