6.3. LVM ミラー障害からの回復

このセクションでは、物理ボリュームの基礎となるデバイスが停止したため、LVM ミラー化ボリュームのレッグの 1 つに障害が発生し、mirror_log_fault_policy パラメーターが remove に設定されている状態から復旧する例を説明します。この場合は、ミラーを手動で再構築する必要があります。mirror_log_fault_policy パラメーターの設定については、「ミラー化論理ボリュームの障害ポリシー」 を参照してください。
ミラーレッグに障害が発生すると、LVM はミラー化ボリュームをリニアボリュームに変換します。このボリュームは以前と同様に動作を継続しますが、ミラー化による冗長性はありません。この時点で、代替物理デバイスとして使用し、ミラーを再構築するために新たなディスクデバイスをシステムに追加することができます。
以下のコマンドは、ミラー用に使用される物理ボリューム群を作成します。
# pvcreate /dev/sd[abcdefgh][12]
  Physical volume "/dev/sda1" successfully created
  Physical volume "/dev/sda2" successfully created
  Physical volume "/dev/sdb1" successfully created
  Physical volume "/dev/sdb2" successfully created
  Physical volume "/dev/sdc1" successfully created
  Physical volume "/dev/sdc2" successfully created
  Physical volume "/dev/sdd1" successfully created
  Physical volume "/dev/sdd2" successfully created
  Physical volume "/dev/sde1" successfully created
  Physical volume "/dev/sde2" successfully created
  Physical volume "/dev/sdf1" successfully created
  Physical volume "/dev/sdf2" successfully created
  Physical volume "/dev/sdg1" successfully created
  Physical volume "/dev/sdg2" successfully created
  Physical volume "/dev/sdh1" successfully created
  Physical volume "/dev/sdh2" successfully created
以下のコマンドは、ボリュームグループ vg とミラー化ボリューム groupfs を作成します。
# vgcreate vg /dev/sd[abcdefgh][12]
  Volume group "vg" successfully created
# lvcreate -L 750M -n groupfs -m 1 vg /dev/sda1 /dev/sdb1 /dev/sdc1
  Rounding up size to full physical extent 752.00 MB
  Logical volume "groupfs" created
lvs コマンドを使用すると、ミラー化ボリュームのレイアウトとミラーレッグの配下のデバイスとミラーログを確認できます。最初の例では、ミラーは完全には同期化されていないことに注意してください。Copy% フィールドが 100.00 になるのを待ってから続行する必要があります。
# lvs -a -o +devices
  LV                 VG   Attr   LSize   Origin Snap%  Move Log          Copy% Devices
  groupfs            vg   mwi-a- 752.00M                    groupfs_mlog 21.28 groupfs_mimage_0(0),groupfs_mimage_1(0)
  [groupfs_mimage_0] vg   iwi-ao 752.00M                                       /dev/sda1(0)
  [groupfs_mimage_1] vg   iwi-ao 752.00M                                       /dev/sdb1(0)
  [groupfs_mlog]     vg   lwi-ao   4.00M                                       /dev/sdc1(0)

# lvs -a -o +devices
  LV                 VG   Attr   LSize   Origin Snap%  Move Log          Copy%  Devices
  groupfs            vg   mwi-a- 752.00M                    groupfs_mlog 100.00 groupfs_mimage_0(0),groupfs_mimage_1(0)
  [groupfs_mimage_0] vg   iwi-ao 752.00M                                        /dev/sda1(0)
  [groupfs_mimage_1] vg   iwi-ao 752.00M                                        /dev/sdb1(0)
  [groupfs_mlog]     vg   lwi-ao   4.00M     i                                  /dev/sdc1(0)
この例では、ミラーのプライマリーレッグ /dev/sda1 に障害が発生しています。ミラー化ボリュームへの書き込み作業はいずれも LVM がミラーの障害を検知する結果となります。これが発生すると、LVM はミラーを単一のリニアボリュームに変換します。この場合は、この変換をトリガーするために dd コマンドを実行します。
# dd if=/dev/zero of=/dev/vg/groupfs count=10
10+0 records in
10+0 records out
lvs コマンドを使用して、デバイスがリニアデバイスになっていることを確認することができます。障害が発生したディスクが原因で I/O エラーが発生します。
# lvs -a -o +devices
  /dev/sda1: read failed after 0 of 2048 at 0: Input/output error
  LV      VG   Attr   LSize   Origin Snap%  Move Log Copy%  Devices
  groupfs vg   -wi-a- 752.00M                               /dev/sdb1(0)
この時点では、論理ボリュームは使用することができるはずですが、ミラーの冗長性がなくなります。
ミラー化ボリュームを再構築するには、破損したボリュームを交換して、物理ボリュームを再作成します。新規ディスクに交換しないで同じディスクを使用すると、pvcreate コマンドを実行した時に、"inconsistent" の警告が表示されます。この警告が表示されないようにするには、vgreduce --removemissing のコマンドを実行します。
# pvcreate /dev/sdi[12]
  Physical volume "/dev/sdi1" successfully created
  Physical volume "/dev/sdi2" successfully created

# pvscan
  PV /dev/sdb1   VG vg   lvm2 [67.83 GB / 67.10 GB free]
  PV /dev/sdb2   VG vg   lvm2 [67.83 GB / 67.83 GB free]
  PV /dev/sdc1   VG vg   lvm2 [67.83 GB / 67.83 GB free]
  PV /dev/sdc2   VG vg   lvm2 [67.83 GB / 67.83 GB free]
  PV /dev/sdd1   VG vg   lvm2 [67.83 GB / 67.83 GB free]
  PV /dev/sdd2   VG vg   lvm2 [67.83 GB / 67.83 GB free]
  PV /dev/sde1   VG vg   lvm2 [67.83 GB / 67.83 GB free]
  PV /dev/sde2   VG vg   lvm2 [67.83 GB / 67.83 GB free]
  PV /dev/sdf1   VG vg   lvm2 [67.83 GB / 67.83 GB free]
  PV /dev/sdf2   VG vg   lvm2 [67.83 GB / 67.83 GB free]
  PV /dev/sdg1   VG vg   lvm2 [67.83 GB / 67.83 GB free]
  PV /dev/sdg2   VG vg   lvm2 [67.83 GB / 67.83 GB free]
  PV /dev/sdh1   VG vg   lvm2 [67.83 GB / 67.83 GB free]
  PV /dev/sdh2   VG vg   lvm2 [67.83 GB / 67.83 GB free]
  PV /dev/sdi1           lvm2 [603.94 GB]
  PV /dev/sdi2           lvm2 [603.94 GB]
  Total: 16 [2.11 TB] / in use: 14 [949.65 GB] / in no VG: 2 [1.18 TB]
次に、新規物理ボリュームで元のボリュームグループを拡張します。
# vgextend vg /dev/sdi[12]
  Volume group "vg" successfully extended

# pvscan
  PV /dev/sdb1   VG vg   lvm2 [67.83 GB / 67.10 GB free]
  PV /dev/sdb2   VG vg   lvm2 [67.83 GB / 67.83 GB free]
  PV /dev/sdc1   VG vg   lvm2 [67.83 GB / 67.83 GB free]
  PV /dev/sdc2   VG vg   lvm2 [67.83 GB / 67.83 GB free]
  PV /dev/sdd1   VG vg   lvm2 [67.83 GB / 67.83 GB free]
  PV /dev/sdd2   VG vg   lvm2 [67.83 GB / 67.83 GB free]
  PV /dev/sde1   VG vg   lvm2 [67.83 GB / 67.83 GB free]
  PV /dev/sde2   VG vg   lvm2 [67.83 GB / 67.83 GB free]
  PV /dev/sdf1   VG vg   lvm2 [67.83 GB / 67.83 GB free]
  PV /dev/sdf2   VG vg   lvm2 [67.83 GB / 67.83 GB free]
  PV /dev/sdg1   VG vg   lvm2 [67.83 GB / 67.83 GB free]
  PV /dev/sdg2   VG vg   lvm2 [67.83 GB / 67.83 GB free]
  PV /dev/sdh1   VG vg   lvm2 [67.83 GB / 67.83 GB free]
  PV /dev/sdh2   VG vg   lvm2 [67.83 GB / 67.83 GB free]
  PV /dev/sdi1   VG vg   lvm2 [603.93 GB / 603.93 GB free]
  PV /dev/sdi2   VG vg   lvm2 [603.93 GB / 603.93 GB free]
  Total: 16 [2.11 TB] / in use: 16 [2.11 TB] / in no VG: 0 [0   ]
リニアボリュームを変換して、元のミラー化された状態に戻します。
# lvconvert -m 1 /dev/vg/groupfs /dev/sdi1 /dev/sdb1 /dev/sdc1
  Logical volume mirror converted.
lvs コマンドを使用すると、ミラーが復元したことを確認できます。
# lvs -a -o +devices
  LV                 VG   Attr   LSize   Origin Snap%  Move Log          Copy% Devices
  groupfs            vg   mwi-a- 752.00M                    groupfs_mlog 68.62 groupfs_mimage_0(0),groupfs_mimage_1(0)
  [groupfs_mimage_0] vg   iwi-ao 752.00M                                       /dev/sdb1(0)
  [groupfs_mimage_1] vg   iwi-ao 752.00M                                       /dev/sdi1(0)
  [groupfs_mlog]     vg   lwi-ao   4.00M                                       /dev/sdc1(0)

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。