Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

第9章 基本的なネットワーク分離

本章では、標準的なネットワーク分離構成のオーバークラウドを設定する方法について説明します。これには、以下の設定項目が含まれます。

  • ネットワーク分離を有効にするためのレンダリング済み環境ファイル (/usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/network-isolation.yaml)
  • ネットワークのデフォルト値を設定するためにコピーした環境ファイル (/usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/network-environment.yaml)
  • IP 範囲、サブネット、および仮想 IP 等のネットワーク設定を定義するための network_data ファイル。以下の例では、デフォルトのファイルをコピーし、それをご自分のネットワークに合わせて編集する方法について説明します。
  • 各ノードの NIC レイアウトを定義するためのテンプレート。オーバークラウドのコアテンプレートコレクションには、さまざまなユースケースに対応する複数のデフォルトが含まれます。
  • NIC を有効にするための環境ファイル。以下の例では、environments ディレクトリーにあるデフォルトファイルを用いています。
  • ネットワーク設定パラメーターをカスタマイズするその他の環境ファイル
注記

openstack overcloud netenv validate コマンドを実行して、network-environment.yaml ファイルの構文を検証します。このコマンドにより、Compute、コントローラー、ストレージ、およびコンポーザブルロールのネットワークファイルの個別 nic-config ファイルも検証されます。-f または --file オプションを使用して、検証するファイルを指定します。

$ openstack overcloud netenv validate -f ~/templates/network-environment.yaml

本章の以下のセクションでは、これらの各項目を定義する方法を説明します。

9.1. ネットワーク分離

デフォルトでは、オーバークラウドはサービスをプロビジョニングネットワークに割り当てます。ただし、director はオーバークラウドのネットワークトラフィックを分離したネットワークに分割することができます。分離ネットワークを使用するために、オーバークラウドにはこの機能を有効にする環境ファイルが含まれています。コア heat テンプレートの environments/network-isolation.j2.yaml ファイルは Jinja2 形式のファイルで、コンポーザブルネットワークファイル内の各ネットワークのポートおよび仮想 IP をすべて定義します。レンダリングすると、すべてのリソースレジストリーと共に network-isolation.yaml ファイルが同じ場所に生成されます。

resource_registry:
  # networks as defined in network_data.yaml
  OS::TripleO::Network::Storage: ../network/storage.yaml
  OS::TripleO::Network::StorageMgmt: ../network/storage_mgmt.yaml
  OS::TripleO::Network::InternalApi: ../network/internal_api.yaml
  OS::TripleO::Network::Tenant: ../network/tenant.yaml
  OS::TripleO::Network::External: ../network/external.yaml

  # Port assignments for the VIPs
  OS::TripleO::Network::Ports::StorageVipPort: ../network/ports/storage.yaml
  OS::TripleO::Network::Ports::StorageMgmtVipPort: ../network/ports/storage_mgmt.yaml
  OS::TripleO::Network::Ports::InternalApiVipPort: ../network/ports/internal_api.yaml
  OS::TripleO::Network::Ports::ExternalVipPort: ../network/ports/external.yaml
  OS::TripleO::Network::Ports::RedisVipPort: ../network/ports/vip.yaml

  # Port assignments by role, edit role definition to assign networks to roles.
  # Port assignments for the Controller
  OS::TripleO::Controller::Ports::StoragePort: ../network/ports/storage.yaml
  OS::TripleO::Controller::Ports::StorageMgmtPort: ../network/ports/storage_mgmt.yaml
  OS::TripleO::Controller::Ports::InternalApiPort: ../network/ports/internal_api.yaml
  OS::TripleO::Controller::Ports::TenantPort: ../network/ports/tenant.yaml
  OS::TripleO::Controller::Ports::ExternalPort: ../network/ports/external.yaml

  # Port assignments for the Compute
  OS::TripleO::Compute::Ports::StoragePort: ../network/ports/storage.yaml
  OS::TripleO::Compute::Ports::InternalApiPort: ../network/ports/internal_api.yaml
  OS::TripleO::Compute::Ports::TenantPort: ../network/ports/tenant.yaml

  # Port assignments for the CephStorage
  OS::TripleO::CephStorage::Ports::StoragePort: ../network/ports/storage.yaml
  OS::TripleO::CephStorage::Ports::StorageMgmtPort: ../network/ports/storage_mgmt.yaml

このファイルの最初のセクションには、OS::TripleO::Network::* リソースのリソースレジストリーの宣言が含まれます。デフォルトでは、これらのリソースは、ネットワークを作成しない OS::Heat::None リソースタイプを使用します。これらのリソースを各ネットワークの YAML ファイルにリダイレクトすると、それらのネットワークの作成が可能となります。

次の数セクションで、各ロールのノードに IP アドレスを指定します。コントローラーノードでは、ネットワークごとに IP が指定されます。コンピュートノードとストレージノードは、ネットワークのサブネットでの IP が指定されます。

オーバークラウドネットワークのその他の機能 (「10章カスタムコンポーザブルネットワーク」および「11章カスタムネットワークインターフェーステンプレート」を参照) は、このネットワーク分離の環境ファイルに依存します。したがって、デプロイメントコマンドにレンダリングしたファイルの名前を含める必要があります。以下に例を示します。

$ openstack overcloud deploy --templates \
    ...
    -e /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/network-isolation.yaml \
    ...