Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

第10章 カスタムコンポーザブルネットワーク

本章では、「9章基本的なネットワーク分離」で説明した概念および手順に続いて、オーバークラウドに追加のコンポーザブルネットワークを設定する方法について説明します。これには以下が含まれます。

  • ネットワーク分離を有効にするための環境ファイル (/usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/network-isolation.yaml)
  • ネットワークのデフォルト値を設定するための環境ファイル (/usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/network-environment.yaml)
  • デフォルト以外の追加ネットワークを作成するためのカスタム network_data ファイル
  • カスタムネットワークをロールに割り当てるためのカスタム roles_data ファイル
  • 各ノードの NIC レイアウトを定義するためのテンプレート。オーバークラウドのコアテンプレートコレクションには、さまざまなユースケースに対応する複数のデフォルトが含まれます。
  • NIC を有効にするための環境ファイル。以下の例では、environments ディレクトリーにあるデフォルトファイルを用いています。
  • ネットワーク設定パラメーターをカスタマイズするその他の環境ファイル。以下の例では、OpenStack サービスとコンポーザブルネットワークのマッピングをカスタマイズするための環境ファイルを用いています。
注記

openstack overcloud netenv validate コマンドを実行して、network-environment.yaml ファイルの構文を検証します。このコマンドにより、Compute、コントローラー、ストレージ、およびコンポーザブルロールのネットワークファイルの個別 nic-config ファイルも検証されます。-f または --file オプションを使用して、検証するファイルを指定します。

$ openstack overcloud netenv validate -f ~/templates/network-environment.yaml

本章の以下のセクションでは、これらの各項目を定義する方法を説明します。

10.1. コンポーザブルネットワーク

デフォルトのオーバークラウドでは、以下に示す事前定義済みのネットワークセグメントのセットが使用されます。

  • Control Plane
  • Internal API
  • Storage
  • Storage Management
  • Tenant
  • External
  • Management (オプション)

コンポーザブルネットワークにより、さまざまなサービス用のネットワークを追加することができます。たとえば、NFS トラフィック専用のネットワークがある場合には、複数のロールに提供できます。

director は、デプロイメントおよび更新段階中のカスタムネットワークの作成をサポートしています。このような追加のネットワークは、Ironic ベアメタルノード、システム管理に使用したり、異なるロール用に別のネットワークを作成するのに使用したりすることができます。また、これは、トラフィックが複数のネットワーク間でルーティングされる、分離型のデプロイメント用に複数のネットワークセットを作成するのに使用することもできます。

1 つのデータファイル (network_data.yaml) で、デプロイされるネットワークの一覧を管理します。-n オプションを使用して、このファイルをデプロイメントコマンドに含めます。このオプションを指定しないと、デプロイメントにはデフォルトのファイル (/usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/network_data.yaml) が使用されます。