第13章 パーティション

ユーティリティー parted の使用によりユーザーは以下を実行できます。
  • 既存パーティションテーブルの表示
  • 既存パーティションのサイズ変更
  • 空き領域または追加のハードドライブからのパーティションの追加
parted パッケージは、Red Hat Enterprise Linux のインストール時にデフォルトで収納されています。parted を開始するには、root としてログインして、シェルプロンプトでコマンド parted /dev/sda を入力します (ここで /dev/sda は設定するドライブのデバイス名です)。
パーティションのあるデバイスが使用中の場合は、そのパーティションの削除やサイズ変更を実行することができません。使用中のデバイスで新規パーティションを作成することはできますが、これは推奨されません。
使用が終了する予定のデバイスでは、そのデバイス上のパーティションのいずれもマウントすべきではなく、そのデバイスで swap 領域を有効にしないでください。
さらに、使用中の場合はパーティションテーブルを修正すべきではありません。カーネルが変更を正しく認識できない可能性があるためです。パーティションテーブルがマウント済みのパーティションの実際の状態と一致しないと、情報は誤ったパーティションに書き込まれる可能性があり、データの消失および上書きが発生する可能性があります。
これを実行する最も簡単な方法は、システムをレスキューモードで起動することです。ファイルシステムのマウントを求めるプロンプトが出された時点で Skip を選択します。
または、デバイスに使用中のパーティション (ファイルシステムを使用するか、またはアンマウント状態からロックするシステムのプロセス) が含まれない場合は、umount コマンドを使用してそれらのパーティションをアンマウントしてから、swapoff コマンドを使用してハードドライブ上のすべての swap 領域をオフにします。
表13.1「parted コマンド」 には、一般的に使用される parted コマンドの一覧が含まれています。次に続くセクションでは、これらのコマンドおよび引数の一部をより詳しく説明します。

表13.1 parted コマンド

コマンド 詳細
check minor-num ファイルシステムに対して簡単なチェックを実行します。
cp from to ファイルシステムを1つのパーティションから別のパーティションにコピーします。fromto にはパーティションのマイナー番号が入ります。
help 利用可能なコマンドの一覧を表示します
mklabel label パーティションテーブル用のディスクラベルを作成します
mkfs minor-num file-system-type タイプ file-system-type のファイルシステムを作成します。
mkpart part-type fs-type start-mb end-mb 新しいファイルシステムを作成せずに、パーティションを作成します
mkpartfs part-type fs-type start-mb end-mb パーティションを作成し、かつ指定されたファイルシステムを作成します
move minor-num start-mb end-mb パーティションの移動
name minor-num name Mac と PC98 のディスクラベル用のみのパーティションに名前を付けます
print パーティションテーブルを表示します
quit parted を終了します
rescue start-mb end-mb start-mb から end-mb へ、消失したパーティションを復旧します。
resize minor-num start-mb end-mb start-mb から end-mb へパーティションのサイズを変更します
rm minor-num パーティションの削除
select device 設定する別のデバイスを選択します
set minor-num flag state パーティションにフラグを設定します。state はオンまたはオフのいずれかになります
toggle [NUMBER [FLAG] パーティション NUMBER 上の FLAG の状態を切り替えます
unit UNIT デフォルトのユニットを UNIT に設定します

13.1. パーティションテーブルの表示

parted を開始した後に、コマンド print を使用して、パーティションテーブルを表示します。以下のようなテーブルが表示されます。

例13.1 パーティションテーブル

Model: ATA ST3160812AS (scsi)
Disk /dev/sda: 160GB
Sector size (logical/physical): 512B/512B
Partition Table: msdos

Number  Start   End    Size    Type      File system  Flags
 1      32.3kB  107MB  107MB   primary   ext3         boot
 2      107MB   105GB  105GB   primary   ext3
 3      105GB   107GB  2147MB  primary   linux-swap
 4      107GB   160GB  52.9GB  extended		      root
 5      107GB   133GB  26.2GB  logical   ext3
 6      133GB   133GB  107MB   logical   ext3
 7      133GB   160GB  26.6GB  logical                lvm
最初の行には、ディスクタイプ、製造元、モデル番号とインターフェースが含まれ、2 行目にはディスクラベルのタイプが表示されます。4 行目以下の残りの出力でパーティションテーブルが表示されます。
パーティションテーブルでは、パーティション numberマイナー 番号を示します。たとえば、マイナー番号が 1 のパーティションは /dev/sda1 に相当します。StartEnd の値は、メガバイト単位の値になります。有効な Type として、metadata(メタデータ)、free(空き領域)、primary(プライマリー)、extended(拡張)、logical(論理) を使用できます。Filesystem は、ファイルシステムのタイプであり、以下のいずれかになります。
  • ext2
  • ext3
  • fat16
  • fat32
  • hfs
  • jfs
  • linux-swap
  • ntfs
  • reiserfs
  • hp-ufs
  • sun-ufs
  • xfs
デバイスの Filesystem が値を表示していない場合、そのファイルシステムが不明なファイルシステムであることを示します。
Flags 列には、パーティションのフラグセットが一覧表示されます。利用可能なフラグには、boot、root、swap、hidden、raid、lvm または lba が含まれます。

注記

parted を再開始せずに、異なるデバイスを選択するには、select コマンドとその後にデバイス名 (例: /dev/sda) を使用します。そうすることで、そのデバイスのパーティションテーブルを表示したり、設定したりできるようになります。