Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

27.3. シングルユーザーモードでの起動

シングルユーザーモードの利点の 1 つは、ブート CD-ROM を必要としないことですが、ファイルシステムを読み取り専用としてマウントするオプションや、それらをまったくマウントしないオプションを提供しないことです。
システムが起動しても、起動が完了したときにログインできない場合は、シングルユーザーモードを試してください。
シングルユーザーモードでは、コンピューターはランレベル 1 で起動します。ローカルファイルシステムはマウントされますが、ネットワークはアクティベートされません。使用可能なシステムメンテナーンスシェルがある。レスキューモードとは異なり、シングルユーザーモードは自動的にファイルシステムをマウントしようとします。ファイルシステムを正常にマウントできない場合は、シングルユーザーモードを使用しないでください。システムでランレベル 1 の設定が破損している場合は、シングルユーザーモードを使用することはできません。
GRUB を使用する x86 システムで、以下の手順を使用し、シングルユーザーモードで起動します。
  1. ブート時の GRUB スプラッシュ画面で、任意のキーを押して GRUB インタラクティブメニューに入ります。
  2. 起動するカーネルのバージョンで Red Hat Enterprise Linux を選択し、行を追加するために a を入力します。
  3. 行の最後に移動し、別の単語として single と入力して から singleと入力します。Enter を押して編集モードを終了します。