Menu Close

3.9. Pod トポロジー分散制約を使用した Pod 配置の制御

Pod トポロジー分散制約を使用して、ノード、ゾーン、リージョンその他のユーザー定義のトポロジードメイン間で Pod の配置を制御できます。

3.9.1. Pod トポロジー分散制約について

Pod トポロジー分散制約 を使用することで、障害ドメイン全体にまたがる Pod の分散に対する詳細な制御を実現し、高可用性とより効率的なリソースの使用を実現できます。

OpenShift Container Platform 管理者はノードにラベルを付け、リージョン、ゾーン、ノード、他のユーザー定義ドメインなどのトポロジー情報を提供できます。これらのラベルをノードに設定した後に、ユーザーは Pod トポロジーの分散制約を定義し、これらのトポロジードメイン全体での Pod の配置を制御できます。

グループ化する Pod を指定し、それらの Pod が分散されるトポロジードメインと、許可できるスキューを指定します。制約により、分散される際に同じ namespace 内の Pod のみが一致し、グループ化されます。