Warning message

This translation is outdated. For the most up-to-date information, please refer to the English version.

RHN Classic または Satellite からシステムの登録を解除する方法

Solution Verified - Updated -

Environment

  • Red Hat Enterprise Linux 5 および 6

Issue

  • RHN Classic からシステムの登録を解除する必要があります。
  • Satellite からシステムの登録を解除する必要があります。

Resolution

RHN classic からシステムの登録を解除するには

  1. Red Hat カスタマーポータルにログインします。
  2. [Subscriptions] タブをクリックし、[RHN Classic]、[Registered Systems] の順にクリックします。
  3. 削除したいシステムを削除します。
  4. RHEL システムの root コンソールから、systemid ファイルを削除します (# rm /etc/sysconfig/rhn/systemid)。

Satellite からシステムの登録を解除するには

  1. Satellite サーバーにログインします。
  2. ナビゲーションバーの [Systems] タブをクリックし、System List で登録解除/削除するシステム名をクリックします。
  3. ページの右上端にある [delete system] リンクをクリックします。
  4. [Delete System] ボタンをクリックして、システムプロファイルの削除を確認します。
  5. システムに移動して、# rm -rf /etc/sysconfig/rhn/systemid を実行します。

This solution is part of Red Hat’s fast-track publication program, providing a huge library of solutions that Red Hat engineers have created while supporting our customers. To give you the knowledge you need the instant it becomes available, these articles may be presented in a raw and unedited form.

3 Comments

「[Subscriptions] タブをクリックし、[RHN Classic]、[Registered Systems] の順にクリックします。」→表示されません

[Subscriptions] が2ヶ所あり、いずれからも[RHN Classic]、[Registered Systems] が表示されません

2018年3月31日をもちまして、RHN Classicによるシステム登録は終了いたしました。その為、2018年7月現在、カスタマーポータル上におきまして[RHN Classic]関連のメニューは提供されておりません。ご利用環境におきまして、システム登録解除や削除についてご不明な点などございましたら、お手数をお掛けし恐れいりますが、カスタマーポータルよりサポートケースを作成の上、お問い合わせ頂きます様お願い申し上げます。(既にお問い合わせ済みでしたら、ご容赦下さい。)