Translated message

A translation of this page exists in English.

RHEL で ping ヒューリスティックに失敗した回数が tko に指定した回数に達すると、qdiskd がクラスターノードを再起動します

Solution Verified - Updated -

Issue

  • クラスタのヒューリスティックの ping プログラムが失敗し、ノードが再起動する場合があります。
Dec 20 15:24:25 m12fdcg2 qdiskd[8279]:<info> Heuristic:'ping -c 1 -w 1 10.192.12.1' DOWN (10/10)
Dec 20 15:24:27 m12fdcg2 qdiskd[8279]:<notice> Score insufficient for master operation (0/10; required=3); downgrading
  • ホストが再起動し、syslog に ping エラーが表示されました。

Environment

  • Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 5 または 6 (および High Availability Add on)
  • 設定には、quorum デバイスおよび ping ヒューリスティックが含まれます。
    • 注意: この解決策は、ping ヒューリスティックが失敗した場合の解決策であり、タイムアウトの場合の解決策は含まれていません。ここで問題となっている失敗はヒューリスティックのタイムアウトが原因で起こります。こちらの解決策が問題を解決できるかもしれません。

Subscriber exclusive content

A Red Hat subscription provides unlimited access to our knowledgebase, tools, and much more.

Current Customers and Partners

Log in for full access

Log In

New to Red Hat?

Learn more about Red Hat subscriptions

Using a Red Hat product through a public cloud?

How to access this content