Translated message

A translation of this page exists in English.

kernel.core_pattern と fs.suid_dumpable を正しく設定しても、カーネルのセキュリティ警告が表示される場合がある

Solution Verified - Updated -

Issue

以下のように、kernel.core_pattern と fs.suid_dumpable が /etc/sysctl.conf に正しく設定されている場合でも、

  # grep -E "(core_pattern|fs.suid_dumpable)" /etc/sysctl.conf
  kernel.core_pattern=/var/tmp/core.%p.%e
  fs.suid_dumpable=2

システムの起動時に以下のようなカーネルメッセージが出力される場合があります。

  Unsafe core_pattern used with suid_dumpable=2.Pipe handler or fully qualified core dump path required.

特に、設定された順に従っている別のカーネルパラメーターが存在する場合があります。したがって期待した通りには設定されません。

Environment

  • Red Hat Enterprise Linux 7
  • systemd

Subscriber exclusive content

A Red Hat subscription provides unlimited access to our knowledgebase, tools, and much more.

Current Customers and Partners

Log in for full access

Log In

New to Red Hat?

Learn more about Red Hat subscriptions

Using a Red Hat product through a public cloud?

How to access this content