Translated message

A translation of this page exists in English.

Red Hat Enterprise Linux システムで Red Hat Satellite を使用してパッケージをロールバックする

Solution Verified - Updated -

Environment

  • Red Hat Enterprise Linux (RHEL)
  • Red Hat Satellite 5.x

Issue

  • Red Hat Enterprise Linux システムで Red Hat Satellite を使用してパッケージをロールバックするにはどうしたら良いですか?
  • この機能を使用して、たとえば、Red Hat Enterprise Linux 6.4 から 6.3 へと、リリースが異なる場合にロールバックすることはできますか?

Resolution

  • ロールバックを行う推奨される方法は、Red Hat Network または Satellite のプロビジョニングモジュールとスナップショット機能を使用することです。
  • スナップショットは、システムでその操作を行うたびに取得されます。これらのスナップショットは、グループ、チャンネル、パッケージ、および設定ファイルを特定します。

  • スナップショットを作成するには、以下の手順に従ってください。

    1. RHN または Satellite にログインします。
    2. [System] タブに移動します。
    3. システムプロファイルを開きします。
    4. [Provisioning] タブに移動します。
    5. [Snapshot] タブをクリックします。
    6. 新しいスナップショットタグを作成します。スナップショットタグの名前を入力します (これは、現在のシステムの状態をマークします)。
  • スナップショットからロールバックするには、以下の手順に従ってください。

    1. [Snapshot] タグから、ロールバックするスナップショットをクリックします。
    2. [Rollback] タブを選択します (これにより、ロールバックに利用できるパッケージの詳細を取得します)。
    3. 右上にある [Rollback to Snapshot] ボタンをクリックします。
    4. [Event] の下に、システムに予定されているイベントが表示されます。
    5. システムで rhn_check コマンドを実行します。rpm パッケージ名のコマンドを実行して、古いバージョンへのパッケージロールバックを確認します。

注意:

  • スナップショットロールバック機能は、Red Hat Network (RHN) の Provisioning エンタイトルメントで提供されています。詳細は Red Hat Network Provisioning Module を参照してください。

  • パッケージのロールバックまたはダウングレードの詳細は How can I use yum to downgrade or rollback some package updates? を参照してください。

  • RHEL 6.4 から 6.1 などリリースが異なる場合、またはカーネル、glibc (gcc などの glibc 依存関係)、selinux パッケージに関する場合にこの機能を使用してロールバックを行うことは推奨されていません。詳細は Satellite Documentation を参照してください。

  • スナップショットのロールバックは、特定の変更をシステムに戻す機能をサポートしており、すべてのシナリオで有効であるとは限りません。たとえば、RPM パッケージセットをロールバックすることは可能ですが、アップデートレベルが異なる場合にロールバックすることはサポートされていません。

This solution is part of Red Hat’s fast-track publication program, providing a huge library of solutions that Red Hat engineers have created while supporting our customers. To give you the knowledge you need the instant it becomes available, these articles may be presented in a raw and unedited form.