Red Hat Enterprise Linux 5 以上の openldap サーバーでパスワードポリシー (ppolicy) を設定する

Solution Verified - Updated -

Issue

  • shadowAccount オブジェクトクラスで提供されている (shadowLastChange、shadowMin、shadowMax、shadowWarning、shadowInactive、shadowExpire などの) shadow 属性を使用してパスワードポリシーを適用することはできますが、デフォルトポリシーで使用することができないという欠点があります。すべての設定は、各ユーザーに手動で行う必要があります。

Environment

  • Red Hat Enterprise Linux 5
  • Red Hat Enterprise Linux 6
  • Openldap

Subscriber exclusive content

A Red Hat subscription provides unlimited access to our knowledgebase of over 48,000 articles and solutions.

Current Customers and Partners

Log in for full access

Log In