Warning message

This translation is outdated. For the most up-to-date information, please refer to the English version.

Red Hat Network のフレックスゲストエンタイトルメント (Flex Guest Entitlements) とは何ですか?

Solution Verified - Updated -

Environment

  • Red Hat Network (RHN) または Red Hat Satellite 5.4 以降、もしくはその両方

Issue

  • Red Hat Network または Red Hat Satellite 5 のフレックスゲストエンタイトルメントとは何ですか?
  • フレックスゲストエンタイトルメントの管理方法は?

Resolution

Red Hat Network のフレックスゲストエンタイトルメントとは

「フレックスゲスト」は、RHEL サーバーのサブスクリプションに関連する仮想ゲストエンタイトルメントを指しています。RHEL サーバーのサブスクリプションでは、ホスト (ハイパーバイザー) に対する 1 つの物理サブスクリプションと、ホストに関連付けられている 1 台、4 台、または無制限の仮想ゲストサブスクリプションが提供されます。

物理サブスクリプションは、ホストが RHEL システムとなる場合に限り、ホスト (ハイパーバイザー) システムで使用することができます。物理サブスクリプションを登録すると、ホストに RHEL アップデートが提供されます。ホストが Red Hat 以外の場合 [1] は、物理サブスクリプションを登録する必要はありません。

ホスト環境 (またはエンタイトルメント管理システム) に関わらず、ホストシステムで実行するゲストに、RHEL サーバーサブスクリプションで提供される仮想ゲストエンタイトルメントが関連付けられることになります。仮想ゲストの動的性質をサポートするには、以下に留意して下さい。

1) RHEL サーバーの仮想ゲストを実行している各ホストシステムに対して、別途 RHEL サーバーサブスクリプションを購入する必要があります。

2) サポートレベルと仮想ゲストの数が同じ RHEL サーバーのサブスクリプションを持つ別のホストとの間で、仮想ゲストをプールしたり共有したりすることができます。ただし、これは、基本的なサブスクリプションに関連付けられた仮想ゲストの総数を超えないことが条件となります。

[1] サポートされるハイパーバイザーのプラットフォームについては、以下を参照してください。
http://www.redhat.com/resourcelibrary/articles/enterprise-linux-virtualization-support

フレックスゲストエンタイトルメントの購入については、弊社営業チームまでお問い合わせください。

フレックスゲストエンタイトルメントを使用するシステムの登録方法

アクセスできるエンタイトルメントを確認する方法

Red Hat Network のソフトウェアチャンネルのエンタイトルメントページ上で、 アクセスできるチャンネルエンタイトルメントをすべて一覧表示することができます。

フレックスゲストエンタイトルメントは、「バーチャルゲストとしての Red Hat Enterprise Linux」製品として使用することができます。この製品に関する詳細情報については、営業チームまでお問い合わせください。

どのシステムがフレックスゲストエンタイトルメントを使用しているかを確認する方法

Red Hat Network の Flex Guest Entitlement Consumers ページ上で、フレックスゲストエンタイトルメントを消費しているシステムをすべて一覧表示することができます。

フレックスゲストエンタイトルメントの使用がサポートされるもの

現在、フレックスゲストエンタイトルメントは下記でサポートされています。

  • Red Hat Virtual Guests
  • VMware
  • HyperV
  • Virtage Hardware Partitioning
  • Citrix Xen 6.2

注意: 上記リストは変更になる場合があります。
Citrix Xen 6.2 の場合は、RHEL 5.8 以降の仮想ゲストがサポートされます。

フレックスゲストエンタイトルメントを Xen または KVM ゲストで使用する場合、ホストは以下の条件が必要になります。

  • Red Hat Enterprise Linux 5.4 以降 (RHEL6 を含む)
  • Red Hat Enterprise Virtualization 5.2-2.1 以降
  • Red Hat Enterprise Linux Server (1 ゲストまで)、(4 ゲストまで)、(ゲストは無制限) に類似するサブスクリプションがある場合は、これらのサブスクリプションとともにフレックスエンタイトルメントを使用することができますが、その使用は関連する RHEL ホストで実行しているゲストに限られます。関連する RHEL ホストで実行していないゲストでは、これらのサブスクリプションが提供するフレックスエンタイトルメントを使用することができません。

ホストの種類に関係なく、RHEL ゲストがフレックスゲストエンタイトルメントを使用するためには、ゲストは少なくとも下記エラータで言及されている rhn-client-tools のバージョンにアップデートする必要があります。

Red Hat Satellite 5 上でフレックスゲストエンタイトルメントが表示されない理由

Satellite 5 の以前のリリース (5.4 以前) では、フレックスエンタイトルメントが正規の物理エンタイトルメントとして表示されます。

フレックスゲストエンタイトルメントは、Satellite 5.4 以降では、Satellite および Satellite Certificate の正規のエンタイトルメントと統合されます ("flex" の有無が異なります)。たとえば、以下のようになります。

  <rhn-cert-field name="channel-families" flex="8" quantity="10" family="rhel-server"/>

This solution is part of Red Hat’s fast-track publication program, providing a huge library of solutions that Red Hat engineers have created while supporting our customers. To give you the knowledge you need the instant it becomes available, these articles may be presented in a raw and unedited form.