ファイルまたはディレクトリ の root ユーザーへの chown が NFSv4 の no_root_squash に準拠しない

Solution Unverified - Updated -

Issue

  • 'no_root_squash' オプションを使用して NFSv4 マウントポイントをマウントすると、'root' ユーザーはそのファイルシステムにファイルを作成して、所有者が正しくなります。
[root@client ~]# touch /mnt/some/yyy
[root@client ~]# ls -l /mnt/some/yyy
-rw-r--r--.1 root root 0 Oct 15 18:03 /mnt/some/yyy

ただし、'root:root' に 'chown' すると、所有者が 'nobody:nobody' に変更になります。

[root@client ~]# chown root:root /mnt/some/yyy
[root@client ~]# ls -l /mnt/some/yyy
-rw-r--r--.1 nobody nobody 0 Oct 15 18:03 /mnt/some/yyy

クライアントとサーバーの両方に FQDN があり、/etc/idmapd.conf にドメインが明示的に指定され、ファイルは同じになります。

  • chown が、root ユーザーの所有者を変更し、NFS クライアントで所有者を nobody に設定するのはなぜですか?
  • no_root_squash で共有がエクスポートされた時でも root ユーザーに chown が使用できないのはなぜですか?

Environment

  • Red Hat Enterprise Linux 6.4
  • nfs-utils-1.2.3-36.el6
  • nfs-utils-lib-1.1.5-6.el6
  • kernel-2.6.32-358.18.1.el6

Subscriber exclusive content

A Red Hat subscription provides unlimited access to our knowledgebase of over 48,000 articles and solutions.

Current Customers and Partners

Log in for full access

Log In