Red Hat Security Data API

Updated -

Red Hat セキュリティーレスポンスチームは、セキュリティー脅威からの保護についての評価に役立つ各種のツールおよびセキュリティーデータを提供することに取り組んでいます。このデータは当社の Security Data ページ で利用できますが、Security Data API よりマシンで利用可能な形式で 利用できるようになりました。この API により、お客様はプログラムを使用して Security Data ページ のファイルでのみ公開されていたデータのクエリーを実行できます。

Security Data API で提供されるデータは Security Data ページにあるものと同じです (OVAL 定義、Common Vulnerability Reporting Framework (CVRF) ドキュメント、CVE データなど)。すべてのデータは、ネイティブの XML 形式または代表的な JSON 形式で利用できます。

この API は、セキュリティーデータをお客様の使いやすい形式で提供するという Red Hat セキュリティーレスポンスチームによる取り組みの一環として提供されています。

API や API で提供されるデータに関するご質問やご要望がございましたら、Red Hat セキュリティーレスポンスチーム までご連絡ください。

Was this helpful?

We appreciate your feedback. Leave a comment if you would like to provide more detail.
It looks like we have some work to do. Leave a comment to let us know how we could improve.

Get notified when this content is updated

Follow