Network Bonding Helper

Updated -

Red Hat Enterprise Linux では、ボンディングカーネルモジュールと、ボンディング (またはチャンネルボンディング) インターフェイスと呼ばれるネットワークインターフェイスを使用して、NIC を 1 つのチャンネルに束ねることができます。ボンディングを使用すると、複数のネットワークインターフェイスが 1 つのインターフェイスとして使用されるため、帯域幅が増え、冗長性が確保されます。
このアプリケーションを使用すると、ボンディングを設定できます。設定は、ガイドを表示、または非表示にして行います。可能な限りデフォルトまたは推奨されるパラメーターを使用し、最低限の情報だけを入力したい場合は、ガイドを表示 (デフォルト) してお使いください。ガイドに従っていけば、パラメーターを適切に選択または入力できます。ガイドを非表示にするとすべてのパラメーターを調整できるため、選択できるオプションが増えます。ネットワークボンディングに関する知識が豊富な場合はこちらの方法も選択できます。
[生成] ボタンをクリックすると、スクリプトが生成されます。生成されたスクリプトを使用すれば、指定した情報に基づいてボンディングを設定できます。スクリプトをサーバーで実行すると、ボンディングインターフェイスが使用できるようになります。
また、その他にも、生成した設定ファイルをダウンロードし、サーバーにコピーした後、手動で 2、3 箇所設定すると、ボンディングインターフェイスが有効になります。多数のボンディングインターフェイスを有効にする場合は、設定ファイルをパラメーター化して再利用することができます。

Was this helpful?

We appreciate your feedback. Leave a comment if you would like to provide more detail.
It looks like we have some work to do. Leave a comment to let us know how we could improve.

Get notified when this content is updated

Follow