Red Hat JBoss Fuse Service Works でサポートされる構成

更新 -

JBoss® Fuse Service Works (JBoss FSW) のすべてのリリースは、主要なオペレーティングシステム、Java™ 仮想マシン (JVM)、データベースのさまざまな組み合わせについてテストされ、サポートされています。 Red Hat は、サポートされる構成とテストされた環境に対して、プロダクションサポートと開発サポートを、お客様のサブスクリプション契約に従って提供します。サポートは、物理環境と仮想環境に提供されます。[1]

サポートされる構成

サポートされる構成で実行するには、FSW が Technology Component Kit (TCK) で認定された以下の実装と、その実装でサポートされるオペレーティングシステム上で実行されている必要があります。 Red Hat は、TCK に依存してプラットフォームを検証しています。

Java 仮想マシン バージョン
Oracle JDK 1.7
OpenJDK 1.7 [2]
OpenJDK 1.6 [2]
IBM JDK 1.7 [3]

テスト済みの構成

Red Hat は、次の構成で幅広いプラットフォームテストを実施しています。

オペレーティングシステム チップアーキテクチャ Java 仮想マシン
Red Hat Enterprise Linux® 6 (最新アップデート) x86、x86_64 Oracle JDK 1.7
OpenJDK 1.6
OpenJDK 1.7
IBM JDK 1.7
Microsoft Windows 2008 x86_64 Oracle JDK 1.7

テスト済みの環境

これらは JBoss Enterprise Middleware で最も一般的に使用される組み合わせに対応した、テスト済みの環境について説明しています。 これらの環境について、Red Hat は直接または認定パートナーを通して、製品リリースプロセスの過程で幅広いプラットフォーム認定テストを実施しています。 このテストプロセスの過程で確認された問題は、 JBoss FSW の各リリースのリリースノートに明記されています。 テスト済みの環境のリストは随時追加されます。

Red Hat は、テストされた環境に対してプロダクションサポートと開発サポートを、お客様のサブスクリプション契約に従って提供します。テストを行ったバージョン以降のものについてサポートしますが、同一メジャーバージョン内に限ります。 同一メジャーバージョンのテスト済み環境の以前のバージョンは、商業的に妥当な範囲でサポートされます。

JBoss Fuse Service Works リリースプロセスの過程で、プラットフォームコンポーネントの永続化ストアとして以下のデータベースおよびデータベースドライバーを使用できることを検証および認定しました。 永続化ストアは、ステートなどのランタイム情報を保存するために、製品コンポーネントによって使用されます。 製品コンポーネントには、JMS messaging、jBPM、Riftsaw/BPEL Engine、DTGov、および RTGov が含まれます。

データベース データベースドライバー
Oracle 11g R2 Oracle JDBC ドライバー v11.2.0.1.0
IBM DB2 9.7 IBM DB2 JDBC Universal Driver Architecture 4.9.78
Microsoft SQL Server 2008 Microsoft SQL Server JDBC ドライバー 3.0
Microsoft SQL Server 2012 Microsoft SQL Server JDBC ドライバー 4.0
MySQL v5.5 mysql-connector-java v5.1.13
PostgreSQL 9.2 JDBC4 PostgreSQL ドライバー, Version 9.2.1002

以下の JMS プロバイダーがサポートされます。

JMS プロバイダー バージョン
HornetQ JBoss Enterprise Application Platform に付属
A-MQ JBoss Fuse に付属
TIBCO Enterprise Message Service 6.0
IBM WebSphereMQ 6.0.2、7.0

追記

JBoss FSW サブスクリプションには、JBoss Fuse および JBoss EAP へのエンタイトルメントが含まれます。 コア数は、どちらか一方のデプロイメントに割り当てることができます。

EAP がドメインモードの場合には、JBoss FSW の初期リリースにサポートが含まれません。また、jBPM におけるヒューマンタスクの使用は、JBoss BPM Suite のサブスクリプションをお持ちの場合に限りサポートされます。

注記

[1] Red Hat では、サポートされる環境をお客様が引き続き利用されることを前提としています。 ベンダーが JVM、オペレーティングシステム、データベースなどのサポートを終了した場合 (特定のバージョンのサポートを含む) は、Red Hat が提供するサポートが限定される可能性があります。サポートを継続するには、サポートされる環境における問題再現をお客様にお願いする場合があります。

[2] Red Hat による OpenJDK のサポートは、Red Hat Enterprise Linux に限定されます。

[3] IBM および jbpm をお使いの場合は既知の問題 (https://bugzilla.redhat.com/show_bug.cgi?id=1070728) が発生する場合があります。

JBoss Enterprise Middleware の詳細については、弊社のお客様担当営業までお問い合わせください。