Red Hat Ceph Storage のライフサイクル

更新 -

概要

Red Hat Ceph Storage が提供するソフトウェア定義型ストレージアーキテクチャーは、非常にスケーラブルで、クラウドおよび仮想化アプリケーションとレガシーインフラストラクチャーのどちらにも統合できます。

Red Hat では、以下に示す Red Hat Ceph Storage のメジャーリリースごとに、各種サービスを提供しています。

  • Inktank Ceph Enterprise 1.1 (1 年半の製品サポート付き)
  • Red Hat Ceph Storage 1.2 (1 年半の製品サポート付き)
  • Red Hat Ceph Storage 1.3 (3 年の製品サポート付き)
  • Red Hat Ceph Storage 2 (3 年の製品サポート付き、オプションで 2 年の延長ライフサイクルサポート (ELS) 付き)
  • Red Hat Ceph Storage 3 (3 年の製品サポート付き、オプションで 2 年の延長ライフサイクルサポート (ELS) 付き)
  • Red Hat Ceph Storage 4 (3 年の製品サポート付き、オプションで 2 年の延長ライフサイクルサポート (ELS) 付き)

詳細情報

Red Hat Ceph Storage のソフトウェア更新は、Errata Advisory と呼ばれる個別の更新として提供されます。これらの Advisory は、Red Hat カスタマーポータル または他の認定ポータルから提供されます。Errata Advisory は、必要に応じて個別にリリースされるか、またはマイナーリリースとしてまとめて提供されます。Errata Advisory には、セキュリティー修正 (Red Hat Security Advisory: RHSA)、バグ修正 (Red Hat Bug Fix Advisory: RHBA)、機能強化 (Red Hat Enhancement Advisory: RHEA) があります。すべての Errata Advisory は、該当するアクティブな Red Hat Ceph Storage メジャーリリースに対して、テストおよび評価されています。

サブスクリプションを契約しているお客様は、Red Hat Ceph Storage のライフサイクル期間中、リリースされたすべての Errata Advisory にアクセスできます。Red Hat Ceph Storage の各メジャーリリースでは、すべての Errata Advisory (マイナーリリースの一部としてリリースされたものを含む) が Red Hat Ceph Storage の最新リリースとパッチセットに累積的に適用されます。

メジャーリリースのライフサイクル期間中、Red Hat は商業的に妥当な範囲内で、すべてのマイナーリリースと Errata Advisory におけるコアランタイム環境のバイナリー互換性の維持に努めています。ただし、必要に応じて、重大影響を及ぼすセキュリティー問題や、その他の重要な問題に対処するために、Red Hat は、この互換性の維持に関して例外を設けることがあります。

以下の表は、Red Hat Ceph Storage の各ライフサイクルフェーズで実行されるサブスクリプションサービスの詳細を示しています。これには、サポートおよびソフトウェアのメンテナンスが含まれます。

説明 運用フェーズ
Red Hat カスタマーポータル から、以前にリリースされたコンテンツへのアクセス Yes
Red Hat カスタマーポータル を利用したセルフサポート Yes
テクニカルサポート 1 無制限
セキュリティー Errata (RHSA) の随時リリース Yes
バグ修正 Errata (RHBA) の随時リリース 2 Yes

1.テクニカルサポートは、Red Hat Ceph Storage サブスクリプション契約に含まれているサービスレベルによって異なります。
2.Red Hat は、バグ修正 Errata Advisory (RHBA) を作成する一方で、お客様のビジネスに大きく影響する深刻な問題に対処するための一時的な措置として Hotfix を提供する場合があります。

製品サポート

フルサポート (1 年間)

  • 認定済みの影響度が「重大」および「重要」のセキュリティー Errata Advisory (RHSA) と、優先度が「緊急」で、弊社が優先度「高」と判断したバグ修正 Errata Advisory (RHBA) が利用可能になると、リリースされます。その他の Errata Advisory は必要に応じて提供されます。
  • 一部のソフトウェア機能拡張が利用可能な場合は、Red Hat の判断により提供されます。
  • マイナーリリースには、評価済みの利用可能な Errata Advisory (RHSA、RHBA、および RHEA) も含まれます。マイナーリリースは累積的になっており、以前にリリースされた更新内容も含まれます。

さらに、以下はフルサポートフェーズでのみ適用されます。

  • お客様およびパートナー様は、このフェーズの終了までにアップストリームで導入された新機能の選択的なバックポートをリクエストできます。その後に Red Hat Product Management および Engineering による検討が行われます。
  • インストーラーのコンポーネントは、このフェーズの終了までに更新される可能性があります。

フルサポートの終了については、このフェーズにおける最後のポイントリリースの公開時に通知されます。

メンテナンスサポート (2 年間)

  • 認定済みの影響度が「重大」および「重要」のセキュリティー Errata Advisory (RHSA) と、優先度が「緊急」で、弊社が優先度「高」と判断したバグ修正 Errata Advisory (RHBA) が利用可能になると、リリースされます。その他の Errata Advisory は必要に応じて提供されます。

延長ライフサポート (ELS) (2 年間)

  • メンテナンスサポートと同じですが、バグ修正 Errata と RHSA に関しては限定サポートのみとなります。これは、既存環境のみに有効です。ハードウェア上の製品の新規インストールや、(メンテナンスサポートの終了時により) 製品の該当バージョンまたはその基礎となる RHEL コンポーネントで認定されていないテクノロジーとの組み合わせには適用されません。

Red Hat Ceph Storage のアップグレードポリシー

Red Hat は、Red Hat Ceph Storage のメジャーリリース間でサポート対象となるアップグレードパスを提供します。インストールまたはアップグレードの手順については、製品ドキュメントを参照してください。

Red Hat は、Alpha 版、Beta 版、RC (release-candidate) 版またはその他リリース前のビルドからの更新はサポートしません。

このようなケースのアップグレードプロセスでは、連続するリリース間でのアップグレードをサポートします。

たとえば、Red Hat Ceph Storage 1 から Red Hat Ceph Storage 2 へのアップグレードはサポートされますが、Red Hat Ceph Storage 1 から Red Hat Ceph Storage 3 へのアップグレードはサポートされません。

ライフサイクルの日付

Red Hat Ceph Storage のリリース 一般提供の開始日 (GA 日) 製品ライフサイクルの終了日 延長ライフサイクルサポートの終了日
(アドオン製品)
Inktank Ceph Enterprise 1.1 2014 年 2 月 4 日 2015 年 7 月 31 日 該当なし
Red Hat Ceph Storage 1.2 2014 年 7 月 16 日 2016 年 5 月 31 日 (1 年半から 1 年 10 カ月に延長) 該当なし
Red Hat Ceph Storage 1.3 2015 年 6 月 25 日 2018 年 6 月 30 日 該当なし
Red Hat Ceph Storage 2 2016 年 8 月 25 日 2019 年 12 月 16 日 (3 年から 3 年 4 カ月に延長) 2021 年 12 月 17 日
Red Hat Ceph Storage 3 2017 年 12 月 5 日 2020 年 12 月 1 日 2023 年 6 月 27 日 (2 年から 2 年半に延長)
Red Hat Ceph Storage 4 2020 年 1 月 31 日 2023 年 1 月 31 日 2025 年 1 月 31 日

注記: Red Hat Ceph Storage は延長アップデートサポートを提供していません (詳細は、https://access.redhat.com/support/policy/updates/errata を参照してください)。