sysreport とは何ですか? その採取方法は?

更新 -

問題

サポート担当者から sysreport を採取するように依頼されましたが、sysreport とは何ですか? その採取方法は?

システム構成

  • Red Hat Enterprise Linux 4.5 以前
  • Red Hat Enterprise Linux 5.0

解決策

sysreport はシステム情報を採取するスクリプトです。どのカーネルで起動しているのか、どのようなドライバがロードされているのか、また、一般的なサービスの設定ファイルなどの情報が採取されます。なお、現在、sysreport は推奨されておらず、改善された sosreport が新たに採用されています。

sysreport を実行するには、sysreport パッケージをインストールする必要があります。お使いのシステムが Red Hat Network(RHN) に登録されている場合、Red Hat Enterprise Linux 4 では up2date コマンドで sysreport パッケージをインストールすることが可能です。

# up2date sysreport

お使いのシステムが RHN に登録されていない場合は、インストール CD から rpm コマンドで sysreport パッケージをインストールすることができます。

# rpm -Uvh sysreport-<version>.<arch>.rpm

sysreport パッケージをインストールしたら、以下のコマンドをプロンプトから実行します。

# sysreport

sysreport コマンドが終了すると、/tmp 配下に tar.bz2 ファイルが作成されます。そのファイルをサポート担当者へお送りください。

注意: sysreport コマンドを実行すると、お名前やケース番号を入力するように求められます。その際、記号は使用せず、英字と数字だけをお使いください。記号を使用するとシステムに異常が発生したり、情報を採取できなくなる可能性があります。