KVM 搭載の Red Hat Enterprise Linux で認定されたゲストオペレーティングシステム

更新 -

KVM 搭載の Red Hat Enterprise Linux Server では、以下の Red Hat とサードパーティーのゲストオペレーティングシステムが認定されています。また、Red Hat は、優れたスケーラビリティーと、高度な機能を提供する Red Hat Virtualization を提供します。Red Hat Virtualization で認定されたゲストオペレーティングシステムについては、「Red Hat OpenStack Platform および Red Hat Virtualization で認定されたゲストオペレーティングシステム」 を参照してください。

KVM 搭載の Red Hat Enterprise Linux 8 Server KVM 搭載の Red Hat Enterprise Linux 7 Server KVM 搭載の Red Hat Enterprise Linux 6 Server KVM 搭載の Red Hat Enterprise Linux 5 Server
Red Hat Enterprise Linux 4 サポート対象外 認定済み 認定済み 認定済み
Red Hat Enterprise Linux 5 サポート対象外 認定済み 認定済み 認定済み
Red Hat Enterprise Linux 6 認定済み 認定済み 認定済み 認定済み
Red Hat Enterprise Linux 7 認定済み 認定済み 認定済み 認定済み
Red Hat Enterprise Linux 8 認定済み RHEL 7.5 以降 認定済み*4 RHEL 6.10 以降 認定済み サポート対象外
Microsoft Windows Server 2008 64-Bit サポート対象外 *1 サポート対象外 すべてのバージョン 認定済み2、3
Microsoft Windows Server 2008 R2 64-Bit サポート対象外 *1 RHEL 6.0 以降 認定済み2、3 すべてのバージョン 認定済み2、3
Microsoft Windows Server 2012 64-Bit サポート対象外 *1 RHEL 6.4 以降 認定済み2、3 サポート対象外
Microsoft Windows Server 2012 R2 64-Bit すべてのバージョン 認定済み2、3 *1 RHEL 6.5 以降 認定済み2、3 サポート対象外
Microsoft Windows Server 2016 64-Bit すべてのバージョン 認定済み2、3 *1 RHEL 6.9 以降 認定済み2、3 サポート対象外
Microsoft Windows Server 2019 64-Bit すべてのバージョン 認定済み2、3 *1 サポート対象外 サポート対象外

脚注:
1. RHEL 7 では、特定のサブスクリプションプログラムでのみ、SVVP でサポートされます。サブスクリプションモデルに Windows ゲストのサポートが含まれているかどうか不明な場合は、カスタマーサポートにお問い合わせください。RHV および OSP はフルサポートされ、SVVP 認定ドライバーを提供します。さらに、ご利用中の Red Hat Enterprise Linux 7 および 8 の Server バージョンは、Windows Server Catalog - Server Virtualization で Windows Server を実行するサポートされた仮想化テクノロジーとしてリストされている必要があります。
2. Microsoft Windows オペレーティングシステム の認定が適用されるのは、すべての RHEL 8 リリース、RHEL 6 リリースおよびすべての RHEL 5 リリースのみです。
3. 最高のパフォーマンスを得るには、準仮想化 I/O ドライバー (virtio-win) を Windows ゲストにインストールする必要があります。ドライバーは、Red Hat Enterprise Linux ホストオペレーティングシステムの Supplementary チャンネルで、イメージとして利用できます。詳細については、こちらのアーティクル を参照してください。認定の詳細については、Microsoft SVVP のサイト を参照してください。
4. RHEL 7 KVM ホストでの RHEL 8 KVM イメージのカスタマイズはサポートされていません。詳細については、こちらのアーティクル を参照してください。

Comments