19.6.2. Net-SNMP Daemon の実行

net-snmp パッケージには、SNMP Agent Daemon である snmpd が含まれています。本項では、snmpd サービスを起動/停止/再起動する方法、それを特定のランレベルで有効にする方法について説明します。ランレベルの概念や Red Hat Enterprise Linux における一般的なシステムサービスの管理方法の詳細については、10章サービスとデーモン を参照して下さい。

19.6.2.1. サービスの開始

現行のセッションで snmpd サービスを実行するには、シェルプロンプトで root として以下を入力します:
service snmpd start
ブート時にサービスが自動的に起動するよう設定するには、以下のコマンドを使用します:
chkconfig snmpd on
これにより、ランレベル 2、3、4、5 でサービスが有効になります。別の方法として、「サービスの有効化と無効化」 で説明のとおり サービスの設定 ユーティリティを使用することもできます。

19.6.2.2. サービスの停止

実行中の snmpd サービスを停止するには、シェルプロンプトで root として以下を入力します:
service snmpd stop
ブート時のサービスの起動を無効にするには、以下のコマンドを使用します:
chkconfig snmpd off
これにより、すべてのランレベルでサービスが無効になります。別の方法として、「サービスの有効化と無効化」 で説明のとおり サービスの設定 ユーティリティを使用することもできます。

19.6.2.3. サービスの再開始

実行中の snmpd サービスを再起動するには、シェルプロンプトで以下を入力します:
service snmpd restart
これにより、サービスの停止と再起動が連続して行われます。サービスを停止せずに設定の再ロードだけを行いたい場合は、代わりに以下のコマンドを実行します:
service snmpd reload
これにより、実行中の snmpd サービスが設定を再ロードするようになります。
別の方法として、「サービスの開始、再起動と停止」 で説明のとおり サービスの設定 ユーティリティを使用することもできます。