A.4. 管理者のための注記

多くのシステムカスタム化ファイルがネットワークインターフェイス名を含んでいる可能性がありますので、システムを旧式の慣習から新しい慣習へ移動する場合には、更新が必要となります。新しい命名慣習を使用する場合は、カスタム iptables ルール、スクリプト変更 irqbalance、及びその他の同様な設定ファイルのエリアでもネットワークインターフェイス名を更新する必要があります。また、インスト-ル用にこの変更を有効にすると、ksdevice パラメータ経由でデバイス名を使用する既存のキックスタートファイルへの変更も必要になります。これらのキックスタートファイルはネットワークデバイスの MAC アドレス、またはネットワークデバイスの新しい名前を使用するために更新が必要になります。
Red Hat は、この機能についてインスト-ル時点での選択肢として考慮されることをお薦めします。この機能の有効化/無効化をインスト-ル後の作業とすることは、技術的には可能ですが、複雑化する可能性があり推奨しかねます。希望されるシステム管理者は、最低限の要件を満足するシステム上で /etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rules ファイルを削除して、すべての /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-* ファイルの HWADDR の行を削除して下さい。そしてそれらの ifcfg-*ファイルを改名してこの新しい命名慣習を使用するようにして下さい。新しい名前は再起動後に反映されます。ネットワークインターフェイスの名前を含む可能性のあるカスタムスクリプト、iptables ルール、及びサービス設定ファイルをすべて更新することを忘れないで下さい。