22.4.8. プロキシサーバーを使用したアップロードと報告

reporter-bugzilla 及び reporter-upload のツールは、 http_proxy 及び ftp_proxy の環境変数を優先します。報告イベントの一部として環境変数を使用する場合には、報告を実行するプロセス (通常は abrt-gui または abrt-cli) からそれらの値を継承します。従って、作業環境でこれらの変数を使用すると、HTTP または FTP のプロキシサーバーを指定することができます。
これらのツールが post-create イベントの一部になるようにすると、abrtd プロセスの子プロセスとして実行されます。これらの変数を設定するには、abrtd の環境の調整またはルールの変更を行う必要があります。以下が例となります:
EVENT=post-create analyzer=Python
        test -f component || abrt-action-save-package-data
        export http_proxy=http://proxy.server:8888/
        reporter-bugzilla -c /etc/abrt/plugins/bugzilla.conf