22.4.6. 自動ダウンロードおよび Debuginfo パッケージのインストール

ABRT は、特定の問題のデバッグログレベルに必要なパッケージを自動的にダウンロード、インストールするように設定できます。この機能は、自社環境内で問題をローカルでデバッグする際に有用です。debuginfo の自動ダウンロードおよびインストールを有効にするには、システムが以下の条件を満たしていることを確認します。
  • /etc/libreport/events.d/ccpp_event.conf ファイルに、デフォルト設定でコメント解除されて存在する以下のアナライザーイベントが含まれている。
    EVENT=analyze_LocalGDB analyzer=CCpp
            abrt-action-analyze-core --core=coredump -o build_ids &&
            # In RHEL we don't want to install anything by default
            # and also this would fail, as the debuginfo repositories.
            # are not available without root password rhbz#759443
            # /usr/libexec/abrt-action-install-debuginfo-to-abrt-cache --size_mb=4096 &&
            abrt-action-generate-backtrace &&
            abrt-action-analyze-backtrace
  • /etc/libreport/events.d/ccpp_event.conf ファイルに、ABRT のバイナリー実行で分析対象の問題用の debuginfo パッケージがインストールされる以下の行が含まれている。不要なコンテンツのインストールを避けるために、この行はデフォルトでコメントアウトされているので、有効化するには先端の # 文字を削除する必要があります。
    /usr/libexec/abrt-action-install-debuginfo-to-abrt-cache --size_mb=4096 &&
  • gdb パッケージは問題分析中のバックトレース生成を可能にするもので、システム上にインストールされます。Yum パッケージマネージャーでのパッケージのインストール方法については、「パッケージのインストール」 を参照してください。

重要

debuginfo パッケージは、root 権限を必要とする rhnplugin を使ってインストールすることに注意してください。このため、debuginfo パッケージをインストールするには、ABRT を root として実行する必要があります。