19.4.4. df コマンドの使用

df コマンドは、システムのディスク領域の使用量についての詳しいレポートを表示します。シェルプロンプトで以下を入力してください。
df
一覧表示された各ファイルシステムについて df コマンドが表示するのは次のとおりです。ファイルシステム名 (Filesystem)、サイズ (1K-blocks または Size)、使用領域 (Used)、利用可能な領域 (Available)、使用領域のパーセンテージ (Use%)、ファイルシステムのマウント先 (Mounted on) です。例えば以下のとおりです。
~]$ df
Filesystem                 1K-blocks      Used Available Use% Mounted on
/dev/mapper/vg_kvm-lv_root  18618236   4357360  13315112  25% /
tmpfs                         380376       288    380088   1% /dev/shm
/dev/vda1                     495844     77029    393215  17% /boot
デフォルトでは、df コマンドは 1 キロバイトブロック単位でパーティションのサイズを、キロバイト単位で使用中および利用可能なディスク領域の容量を表示します。この情報をメガバイトとギガバイトで表示するには、-h コマンドラインオプションを指定することで、df が人間が読み取れる形式で値を表示します。
df -h
例えば以下のようにします:
~]$ df -h
Filesystem                  Size  Used Avail Use% Mounted on
/dev/mapper/vg_kvm-lv_root   18G  4.2G   13G  25% /
tmpfs                       372M  288K  372M   1% /dev/shm
/dev/vda1                   485M   76M  384M  17% /boot
利用可能なコマンドラインオプションの全一覧は、df(1) の man ページを参照してください。