E.2.10. /proc/interrupts

このファイルには、x86 アーキテクチャー上における、IRQ ごとの割り込み回数が記録されます。標準的な /proc/interrupts は、以下の通りです:
  CPU0
  0:   80448940          XT-PIC  timer
  1:     174412          XT-PIC  keyboard
  2:          0          XT-PIC  cascade
  8:          1          XT-PIC  rtc
 10:     410964          XT-PIC  eth0
 12:      60330          XT-PIC  PS/2 Mouse
 14:    1314121          XT-PIC  ide0
 15:    5195422          XT-PIC  ide1
NMI:          0
ERR:          0
マルチプロセッサーマシンの場合には、このファイルは若干異なります。
	   CPU0       CPU1
  0: 1366814704          0          XT-PIC  timer
  1:        128        340    IO-APIC-edge  keyboard
  2:          0          0          XT-PIC  cascade
  8:          0          1    IO-APIC-edge  rtc
 12:       5323       5793    IO-APIC-edge  PS/2 Mouse
 13:          1          0          XT-PIC  fpu
 16:   11184294   15940594   IO-APIC-level  Intel EtherExpress Pro 10/100 Ethernet
 20:    8450043   11120093   IO-APIC-level  megaraid
 30:      10432      10722   IO-APIC-level  aic7xxx
 31:         23         22   IO-APIC-level  aic7xxx
NMI:          0
ERR:          0
第 1 のカラムには、IRQ 番号が表示されます。システム内の CPU 別にカラムが分かれており、各 CPU の IRQ ごとの割り込み回数が表示されます。次のカラムには割り込みのタイプ、最後のカラムには、その IRQ にあるデバイス名が表示されます。
このファイルに表示されている、アーキテクチャー固有の割り込みの各タイプは、それぞれ意味が異なります。x86 マシンの場合には、以下の値が一般的です:
  • XT-PIC — これは、旧 AT コンピューターの割り込みです。
  • IO-APIC-edge — この割り込みの電圧信号は低から高に推移し、エッジ が作成されます。ここで、割り込みが発生し、1 回だけ信号が送られます。この種の割り込みならびに IO-APIC-level 割り込みは、586 ファミリー以降のプロセッサーを搭載したシステムのみで発生します。
  • IO-APIC-level — 電圧信号が高い時に、再度低くなるまで割り込みを生成します。