C.5. ランレベルと X

Red Hat Enterprise Linux インストーラーは、ほとんどの場合 ランレベル 5 として知られるグラフィカルなログイン環境にブートするようマシンを設定します。ただし、ランレベル 3 と呼ばれるテキストのみのマルチユーザーモードにブートして、そこから X セッションを始めることも可能です。
次項からは、X がランレベル 3 及び 5 で起動する方法を確認します。ランレベルの詳細については、「デフォルトのランレベルの設定」 を参照して下さい。

C.5.1. ランレベル 3

ランレベル 3 で実行している場合に X セッションを開始する最良の方法は、ログインして、startx と入力することです。startx コマンドは、xinit コマンドのフロントエンドで、X サーバー (Xorg) を起動して、それに X クライアントアプリケーションを接続します。ユーザーはすでにランレベル 3 でシステムにログインしているため、startx はディスプレイマネージャーの起動やユーザーの認証を行うことはありません。ディスプレイマネージャーの詳細については、「ランレベル 5」 を参照して下さい。
  1. startx コマンドが実行されると、ユーザーのホームディレクトリにある .xinitrc ファイルを探して、デスクトップ環境、場合によっては実行する他の X クライアントアプリケーションも定義します。.xinitrc ファイルがない場合は、代わりにシステムデフォルトの /etc/X11/xinit/xinitrc ファイルを使用します。
  2. その後、デフォルトの xinitrc スクリプトは、次のようなユーザー定義のファイルとデフォルトのシステムファイルを検索します。ユーザーのホームディレクトリにある .Xresources.Xmodmap.Xkbmap、及び /etc/X11/ ディレクトリにある XresourcesXmodmapXkbmap です。Xmodmap 及び Xkbmap ファイルが存在する場合、それらはキーボードを設定する xmodmap ユーティリティにより使用されます。Xresources ファイルは、特定の設定値をアプリケーションに割り当てるために読み取られます。
  3. 上記のオプションの設定後、xinitrc スクリプトは /etc/X11/xinit/xinitrc.d/ ディレクトリにあるすべてのスクリプトを実行します。このディレクトリにある重要なスクリプトは xinput.sh であり、デフォルトの言語などの設定を行います。
  4. xinitrc スクリプトはユーザーのホームディレクトリにある .Xclients の実行を試行します。それがない場合は、/etc/X11/xinit/Xclients の実行を試みます。Xclients ファイルの目的は、デスクトップ環境、場合によっては簡易なウィンドウマネージャーのみを起動することです。ユーザーのホームディレクトリにある .Xclients スクリプトは .Xclients-default ファイルにあるユーザー指定のデスクトップ環境を起動します。.Xclients がユーザーのホームディレクトリに存在していない場合は、標準の /etc/X11/xinit/Xclients スクリプトは、最初に GNOME、次に KDE、続いて twm と、異なるデスクトップ環境の起動を試みます。
ランレベル 3 で実行している場合、X セッションの終了後、ユーザーはテキストモードのユーザーセッションに戻されます。