Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

第10章 システムの Red Hat サブスクリプション管理への登録

データ収集ツールとして Red Hat サブスクリプション管理を使用している場合は、RHEL システムを Red Hat サブスクリプション管理に登録します。Red Hat サブスクリプション管理に登録されているシステムは、サブスクリプションサービスによって検出され、追跡されます。

一部の RHEL イメージは、RHEL 管理バンドルの自動登録機能を使用でき、Red Hat サブスクリプション管理に手動で登録する必要はありません。ただし、以下の具体的な要件を満たす必要があります。

  • イメージは、RHEL 8.4 以降または 8.3.1 以降をベースにしている必要がある。
  • イメージは、Amazon Web Services (AWS) または Microsoft Azure のクラウドサービスのイメージである必要がある。
  • イメージには、Cloud Access Gold Images のイメージや、Image Builder で作成したイメージなどのカスタムイメージを使用できる。カスタムイメージの場合は、イメージ内の subscription-manager が自動登録を使用するように設定されている必要がある。
  • イメージは、Hybrid Cloud Console の Sources メニューから設定された AWS または Azure のソースに関連付けられており、アクティベーションのために RHEL マネジメントバンドルが選択されている必要がある。
  • このソースが作成された後に、イメージのプロビジョニングを行う必要がある。

これらの要件を満たしていない RHEL システムは、サブスクリプションサービスで追跡するには手動で登録する必要があります。

手順

  1. RHEL システムがまだ登録されていない場合は、Red Hat サブスクリプション管理に登録します。このプロセスの詳細については、以下の情報を参照してください。