Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

第15章 サブスクリプションサービスへのログイン

Red Hat カスタマーポータルのログイン後、Hybrid Cloud Console からサブスクリプションサービスにアクセスします。

手順

  1. ブラウザーウィンドウで、cloud.redhat.com にアクセスします。
  2. プロンプトが表示されたら、Red Hat カスタマーポータルのログイン認証情報を入力します。
  3. Hybrid Cloud Console のナビゲーションメニューで、Red Hat Enterprise Linux または OpenShift のいずれかをクリックします。
  4. サブスクリプション の拡大次に、前のステップでクリックした製品名に応じて、以下のオプションのいずれかをクリックします。

    • Red Hat Enterprise Linux の場合は、All RHEL をクリックするか、特定のアーキテクチャーをクリックすると、より詳細な情報が表示されます。
    • OpenShift の場合は、Container Platform または Dedicated (On-Demand) をクリックします。
  5. サブスクリプションサービスが有効で、初期のデータ処理が完了すると、サブスクリプションサービスが開き、データがグラフに表示されます。サブスクリプションサービスの利用を開始して、アカウントのサブスクリプションの使用状況や容量に関するデータを表示できます。

    注記

    サブスクリプションサービスが開いても空白のグラフが表示される場合は、サブスクリプションサービスは有効ですが、初期のデータ処理が完了していません。後日、通常は翌日にサービスにアクセスしてみてください。