Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

第14章 サブスクリプションサービスの有効化

自動起動を含むタスクのいずれかによってサブスクリプションサービスが起動されない場合は、サブスクリプションサービスを手動で起動する必要があります。自動起動を含むタスクが、Red Hat Marketplace を通じてオンデマンド型サブスクリプションを購入するか、Hybrid Cloud Console のソースアプリケーションを通じて RHEL 管理バンドルを含む Amazon Web Services または Microsoft Azure ソースを作成します。

手動でのアクティベーションが必要な場合は、Red Hat カスタマーポータルのログインを使用して Red Hat アカウントおよび組織にアクセスできるユーザーがサブスクリプションサービスをアクティベートする必要があります。このログインは、Red Hat カスタマーポータルの組織管理者 (org admin) である必要はありません。さらに、cloud.redhat.com のユーザーアクセスロールベースのアクセス制御 (RBAC) システムの Subscriptions administratorロールまたは Subscriptions user ロールも必要です。

注記

Red Hat カスタマーポータルのログインが、Red Hat とアカウント関係を持たない組織に関連付けられている場合、サブスクリプションサービスを有効にすることはできません。

サブスクリプションサービスが有効になると、Cloud Services プラットフォームツールは、サブスクリプションサービスに表示するために、データ収集ツールからのデータの分析と処理を開始します。

注記

以下の手順では、cloud.redhat.com からサブスクリプションサービスを有効にする手順を説明しています。サブスクリプションサービスがまだアクティブ化されていない場合に、サブスクリプションサービスツアーの最後にアクティブ化ページにアクセスすることも、Subscription Central ページのオプションからアクセスすることもできます。

手順

  1. ブラウザーウィンドウで、cloud.redhat.com にアクセスします。
  2. プロンプトが表示されたら、Red Hat カスタマーポータルのログイン認証情報を入力します。
  3. Hybrid Cloud Console のナビゲーションメニューで、Red Hat Enterprise Linux または OpenShift のいずれかをクリックします。
  4. サブスクリプション の拡大次に、前のステップでクリックした製品名に応じて、以下のオプションのいずれかをクリックします。

    • Red Hat Enterprise Linux の場合は、All RHEL をクリックします。
    • OpenShift の場合は、Container Platform をクリックします。
  5. サブスクリプションサービスのアクティベーションの状況に応じて、以下のいずれかの手順を完了してください。

    • アカウントに対してサブスクリプションサービスがまだアクティブでない場合は、アクティベーションページが表示されます。Activate Subscriptions をクリックします。
    • サブスクリプションサービスが有効であっても、データを表示する準備ができていない場合、サブスクリプションサービスアプリケーションが開きますが、空白のグラフが表示されます。後日、通常は翌日にサービスにアクセスしてみてください。
    • サブスクリプションサービスが有効で、初期のデータ処理が完了すると、サブスクリプションサービスのアプリケーションが開き、データがグラフに表示されます。サブスクリプションサービスの利用を開始して、アカウントのサブスクリプションの使用状況や容量に関するデータを表示できます。

検証手順

サブスクリプションサービスを最初に表示するのに必要なデータ処理には、最大で24時間かかることがあります。アカウントのデータが揃うまでは、空白のグラフしか表示されません。