Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

第25章 サブスクリプションサービスの使用状況データに影響を与える vCPU、ハイパースレッディング、およびサブスクリプション構造の情報

Red Hat OpenShift ポートフォリオには、コアの測定単位を使用して使用状況を追跡するオファリングが含まれていますが、この測定は仮想化およびマルチスレッド技術で難読化されます。これらのテクノロジーの動作により、物理 CPU の仮想消費を説明するのに役立つ vCPU という用語が開発されましたが、この用語の意味はさまざまです。さらに、Red Hat OpenShift 製品の構造は複雑であるため、サブスクリプションサービスで使用状況データを理解することが困難になります。

Red Hat は、サブスクリプションサービス自体と、Red Hat OpenShift の使用状況追跡を通知する基盤テクノロジーおよび方法の両方に対してさまざまな改善を重ね、Red Hat OpenShift の使用量データに関するお客様の懸念に対応してきました。

25.1. 同時マルチスレッドを使用する x86-64 アーキテクチャーの計算の改善

2021 年 10 月: この変更では、x86-64 アーキテクチャーで同時マルチスレッドが有効になっていることを前提としているため、サブスクリプションサービス内の使用状況データの精度が上がります。

さまざまなテクノロジーベンダーにおいて、vCPU という言葉の定義が異なる場合があります。複数の異なるベンダーと連携している場合には、使用する定義が、Red Hat で使用する定義と異なる可能性があります。そのため、お使いの環境で vCPU や同時マルチスレッド (ハイパースレッディングとも呼ばれる) が使用されている場合に、Red Hat やサブスクリプションサービスが使用量を測定する方法に慣れていない可能性があります。

ベンダーによっては、ゲストの CPU で同時マルチスレッドが使用されているかどうかをゲストに公開しないハイパーバイザーを提供している場合があります。たとえば、最近の VMware ハイパーバイザーでは、VM のカーネルに対して同時マルチスレッディングの状態を表示せず、コアごとのスレッド数を常に 1 と報告しています。このカウント方法の効果は、Red Hat OpenShift の使用状況データのうち、vCPU に関連するサブスクリプションサービスの報告が、人為的に 2 倍になっていると解釈することができます。

vCPU のカウントに関してお客様の懸念事項に対応するため、Red Hat ではマルチスレッディングに関連する仮定を調整しました。Red Hat は、x86 アーキテクチャーのコアごとに 2 スレッドの同時マルチスレッディングを想定しています。多くのハイパーバイザーの場合には、この仮定があることで、コアごとの vCPU が正確にカウントされ、これらのハイパーバイザーを使用するお客様は、サブスクリプションサービスの Red Hat OpenShift の使用状況データに変更はありません。

ただし、同時マルチスレッディングステータスをカーネルに公開しないハイパーバイザーを使用している他のお客様には、2021 年 10 月のサブスクリプションサービスデータの大幅な変更が見られます。これらのお客様には、サブスクリプションサービスに含まれる、関連の Red Hat OpenShift の使用状況データが、このカウントの変更が実装された日に 50% 減少することがわかります。過去のデータには影響はありません。

この状況に遭遇したお客様は、この件は課金されません。Red Hat ではお客様に対して、サブスクリプションサービスでカウントされている分の使用量に対応するサブスクリプション数だけを購入するようにお願いしています。

以前は、このような vCPU の定義の違いにより、一部のサブスクリプションサービスのユーザーでは、使用量や容量のデータの解釈に問題が生じていました。同時マルチスレッディングの前提条件のこの変更は、デプロイされているハイパーバイザーテクノロジーに関係なく、幅広い顧客が使用する vCPU 使用状況データの精度を向上させることを目的としています。

サブスクリプションサービスで表示される使用量や容量のデータに関して質問や懸念がある場合は、Red Hat のアカウントチームと協力して、お客様のデータやアカウントの状況を把握することができます。この問題の解決に関する詳細は、Red Hat アカウントにログインして、Bugzilla Issue 1934915 を確認してください。