Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

第17章 サブスクリプションサービスでのサブスクリプションデータの表示方法

サブスクリプションサービスでは、ソフトウェア製品などの Red Hat オファリングのサブスクリプションデータが、Hybrid Cloud Console のナビゲーションメニューにある Red Hat ソフトウェアポートフォリオのオプションによって整理されて表示されます。現時点で、サブスクリプションサービスは Red Hat Enterprise Linux、Red Hat OpenShift、および Red Hat Cloud Services ソフトウェアポートフォリオのデータを表示します。

注記

現在、Red Hat Cloud Services ポートフォリオページは、Hybrid Cloud Console ホームページの Application Services ナビゲーションオプションとして表示されています。

各ソフトウェアポートフォリオの サブスクリプション メニューには、選択したポートフォリオ内の利用可能な製品アーキテクチャー、製品、または製品セットのサブスクリプションサービス製品ページに移動するためのオプションが表示されます。サブスクリプションメニュー には、サブスクリプションサービスの一部ではない他のサブスクリプション関連データや機能を表示するオプションが含まれている場合があります。

サブスクリプションサービスの各商品ページでは、複数のビューが用意されています。これらのビューでは、対象製品のサブスクリプションに関するさまざまな情報を確認できます。これらのビューのデータを組み合わせることで、サブスクリプションを過剰に割り当てる問題や傾向を認識して軽減したり、すべてのリソースに対するサブスクリプションの割り当てを整理したり、今後の購入や更新のための意思決定を改善したりすることができます。

これらのアクティビティーすべてや、サブスクリプションの使用状況に関するその他の質問がある場合には、Red Hat アカウントチームのメンバーが専門知識、ガイダンス、その他のリソースで対応できます。アカウントチームからのサポートにより、サブスクリプションサービスでレポートされるアカウントデータにコンテキストを追加し、お客様側の責任を理解して遵守するのに役立ちます。詳細は、責任 を参照してください。

17.1. サブスクリプションデータをビューで利用する方法

サブスクリプションサービスビューは、一般的にグラフビューとテーブルビューにグループ化できます。

グラフビューは、組織のサブスクリプションの使用状況と容量を視覚的に表したもので、組織も Red Hat アカウントです。このビューでは、使用傾向を追跡し、使用率 (デプロイされたソフトウェアの割合をサブスクリプション総数で測定したもの) を決定することができます。

テーブルビューには、グラフビューの一般的なデータについての詳細が含まれるテーブルが 1 つ以上追加できます。現在のシステム表は、環境の個々のコンポーネント (クラウドインフラストラクチャーのインベントリーやクラスターのシステムや制限されたネットワークなど) でのサブスクリプション使用状況に関する詳細が記載されています。現在のサブスクリプション表には、アカウントの個々のサブスクリプションの詳細が含まれます。このテーブルビューは、Red Hat ソフトウェアを環境にデプロイする先を見つけ、個々のサブスクリプションが同様のタイプのサブスクリプションを使用する際に全体の容量にどのように寄与するかを理解し、サブスクリプションの使用状況に関する質問を解決して今後のデプロイメント計画を調整するのに役立ちます。

注記

製品ページによっては、テーブルビューデータは Cloud Services プラットフォームのインベントリーサービスのデータから得られます。サブスクリプション、インベントリー、およびその他のサービスへのユーザーのアクセスは、Cloud Services プラットフォームツールのロールベースアクセスコントロール (RBAC) システムによって独立して制御されています。ここでは、各ユーザーはグループに属し、グループはロールと関連付いています。具体的には、インベントリーサービスへのユーザーのアクセスは、インベントリー管理者のロールを通じて制御されます。

組織のグループ、またはグループに対してインベントリー管理者の RBAC ロールが有効になっている場合に、サブスクリプションサービスの現在のシステムテーブルの情報がリンクとして表示され、リストされたシステムのインベントリーアプリケーションでより詳細な記録を開くことができます。そうでない場合は、現行システムのテーブル情報がリンクされていない情報として表示されます。お客様の組織でのRBACの使い方については、お客様のアカウントの組織管理者にお問い合わせください。

使用量と使用率のグラフ表示

このグラフでは、サブスクリプションの総使用量と容量が時系列でグラフ化されて表示されます。これにより、アカウントのサブスクリプションのしきい値、現在のサブスクリプションの使用状況、残りのサブスクリプション容量、ソフトウェ使用状況の過去の傾向などを把握できます。グラフビューには、製品のサブスクリプション使用状況の測定方法に応じて、グラフまたは複数のグラフが含まれる可能性があります。

グラフに表示される使用状況および容量の計算は、さまざまなデータ収集ツールおよびデータソースからの情報を分析するので、Hybrid Cloud Console 処理ツールとして定期的に提供されるデータスナップショットをベースにしています。通常、年間サブスクリプションのデータスナップショットは 24 時間に 1 回更新されます。オンデマンド型サブスクリプションのデータスナップショットは、頻度が高く 1 日に複数回更新される場合があります。

  • 使用方法は、物理ハードウェアまたはそれに相当する Red Hat 製品の消費量の測定値です。使用量は、サブスクリプションの条件内で定義された測定単位で測定されます。

    測定の単位は、製品の種類とサブスクリプションのタイプによって異なります。年間サブスクリプションでは、使用量とは、消費されるソケットやコアなどの物理的ハードウェア、または、クラウドプラットフォームインスタンスなど、ソケットと同等に消費される物理的ハードウェアのことです。従量課金制のサブスクリプションなど、オンデマンド型サブスクリプションという用語は、消費リソースを測定するメトリクスの組み合わせによって、使用量を判断できます。これらのメトリクスのタイプの 1 つは複合単位または派生単位である可能性があります。派生した単位の例として、特定の期間に消費される (コア時間) 物理ハードウェアの量や、Red Hat サービスインスタンスの可用性 (インスタンス時間) の物理ハードウェアの量などの場合があります。

    使用状況は線グラフまたは面グラフで表され、さまざまな種類の使用状況が示されます。たとえば、Red Hat Enterprise Linux の物理、仮想、およびパブリッククラウドの使用状況はさまざまな色で表されます。

    年間サブスクリプションの場合は、サブスクリプションに含まれるソフトウェアをインストールおよびアンインストールする時に、使用量は時間とともに変動します。オンデマンド型サブスクリプションの場合、そのサブスクリプションの条件によって測定されるリソースを多かれ少なかれ消費するにつれて、使用量は変動します。

  • 容量 は、サブスクリプションの使用量の上限です。これは測定単位で表され、アカウント内の全契約で同様のサブスクリプションで合計されます。同様のサブスクリプションは、すべての RHEL サブスクリプションなど、特定の製品ポートフォリオ内のすべての製品にすることができます。

    すべてのアクティブなサブスクリプションの容量の合計である最大容量は、サブスクリプションしきい値 とも呼ばれます。この値は、製品の使用状況と使用率のグラフをダッシュ線で表します。2 つの主な理由により、サブスクリプションのしきい値がグラフに表示されなくなる可能性があります。製品ページに、販売条件の一部として無制限の容量で販売されるサブスクリプションが含まれている場合、サブスクリプションのしきい値は表示されません。また、月額料金が請求されるオンデマンド型サブスクリプションまたは同様のサブスクリプションの場合には、容量が設定されていないため、サブスクリプションのしきい値は表示されません。フィルターを選択すると、ビューから無制限のサブスクリプションが削除され、指定したフィルタリングされた結果に対して、サブスクリプションのしきい値が表示されます。

    個々のサブスクリプションの容量は、時間が経過しても変化しません。サブスクリプションのしきい値は、新しいサブスクリプションがアクティブ化され、古いサブスクリプションが期限切れになると時間とともに変動し、最大容量に影響します。

  • 使用率 は、サブスクリプションのしきい値で示される最大容量の割合であり、アカウントで Red Hat ソフトウェアをデプロイメントしたり、使用したりすることで使い果たされます。簡単に言うと、使用率は使用量を最大容量で割ったものです。無制限のサブスクリプションなど、アカウントに含まれる特定のタイプのサブスクリプションで、容量が該当しない場合には、最大容量の割合などの使用率も適用されません。

    サブスクリプションの使用率は、使用量の変更とサブスクリプションのしきい値の相互作用により、時間の経過とともに変動します。

このグラフでは、選択された時間間隔での傾向を表示しますが、グラフの詳細な情報を表示することもできます。たとえば、選択した時間間隔が の場合、グラフの日付付近にカーソルを置くと、特定の週のより具体的なデータを見ることができます。

また、製品によって異なるフィルターを使用して、グラフに表示される使用状況データを変更することもできます。たとえば、時間間隔や測定単位、あるいはサービスレベルアグリーメント (SLA) などのサブスクリプション属性のフィルターなど、必要に応じてフィルターをかけることができます。

グラフビュー: グラフのサンプル

以下の図は、サブスクリプションサービスにおける RHEL の使用状況および使用率のグラフの例を示しています。他の製品ページのグラフビューには、それらの製品の販売方法と測定方法によって設計に違いがあります。

グラフの場合には、時間フィルターは日次ビューで設定されており、グラフは 1 ヶ月の RHEL の使用状況が表示されます。

図17.1 使用状況および使用率のグラフの例

1 か月分のデータの使用状況と使用率のグラフの例
  1. ツールチップは、グラフのポイントにカーソルを合わせると表示されます。この例では、ツールチップに、4 月 6 日の特定の日のサブスクリプションの使用状況とサブスクリプションのしきい値に関する詳細情報が表示されます。本リリースでは、物理 RHEL は 20 ソケット、仮想化 RHEL は 25 ソケット、パブリッククラウド RHEL は 22 ソケットと、合計で 67 ソケットを消費します。この使用量の合計は、サブスクリプションしきい値の 80 個未満です。
  2. ソケットの測定単位に基づく RHEL 使用量の最大容量は、サブスクリプションのしきい値として破線で表示されます。この例は、4 月 11 日から 4 月 16 日までの間にサブスクリプションしきい値が増加したことを示しています。この Red Hat アカウントで利用可能な容量の増加は、アカウントに追加の RHEL サブスクリプションがアクティベートされたためです。
  3. ソケットの測定単位に基づく RHEL サブスクリプションの使用量は、物理、仮想、およびパブリッククラウド環境にインストールされた RHEL の 3 つに対して異なる色で表示されます。この例は、これらすべてのタイプの使用法が時間の経過とともにどのように変動するかを示しています。使用方法は、物理システムへのインストールおよびアンインストール、パブリッククラウドでのインスタンスの起動および終了などの、サブスクリプションアクティビティーに従って変動します。

テーブルビュー: 現在のシステムテーブル

現在のシステムの表には、使用状況データの最新のスナップショットから取得した、環境内の個々のコンポーネントの使用状況に関する詳細が表示されます。この表では、グラフ内の集約された使用量の合計を、組織全体での個々のコンポーネントにおける現在のソフトウェアデプロイメントと相関させるのに役立つ情報を提供します。表の中のコンポーネントとデータは、製品の使用状況を追跡する方法が異なるため、ソケット数、コア数、コア時間などによって製品ごとに異なります。また、表で「システム」として表示されるコンポーネントは、物理マシンまたは仮想マシンであるか、またはクラスターやインスタンスなどの別のオブジェクトである場合があります。したがって、便宜上、現在のシステムテーブルとしてこのテーブルを一般的に参照しています。

注記

RHEL などの一部の製品では、現在のシステムテーブルビューのデータには、Hybrid Cloud Console インベントリーアプリケーションで利用可能なデータの側面が含まれていますが、以下の違いがあります。

  • インベントリーアプリケーションでは、かなり多くのシステムデータが表示されます。現在のシステムテーブルのビューは、このデータの一部です。
  • インベントリーアプリケーションのデータは、データ更新に使用する手法が原因で、より最新のものである場合があります。現在のシステムでは、サブスクリプションのテーブルビューは日ごとのスナップショットに基づいているため、データは最大で24時間前のものになる可能性があります。
  • インベントリーアプリケーションでのソケットやコアの消費は、実際の消費量として表されます。サブスクリプションの使用量は、サブスクリプションの条件に基づいて調整された消費量として表されます。たとえば、物理的な RHEL サブスクリプションの使用状況はソケットペアで測定されるため、そのタイプのシステムのソケット数は常に次に大きい偶数に端数処理されます。

現在のシステムの表には、一般的に、システムの名前、システムの種類、測定単位に応じたそのシステムの使用量の合計、およびそのシステムが最後に見られた日付が表示されます。ただし、その製品に関連するデータの種類によって、テーブルに表示される列が異なる場合があります。テーブルの列はソート可能です。

システムの名前を含む Name 列では、system とは、製品または製品セットのデプロイ先の物理マシンまたは仮想化マシンのことです。システムは、Red Hat OpenShift クラスターや Red Hat Cloud Services サービスのインスタンスなど、異なるコンポーネントにすることもできます。システムは通常、表示名またはUUID (Universally Unique ID) のいずれかで表されます。ハイパーバイザーなどのマルチゲストシステムでは、システムを拡張して個々のゲストの情報を詳しく見ることができます。Name 列のオブジェクトによっては、システム名をクリックして、Hybrid Cloud Console インベントリーアプリケーションなど、別のリソースで完全なシステムレコードを開くこともできます。

注記

現在、Red Hat OpenShift Container Platform および Red Hat OpenShift Dedicated 従量課金制のオンデマンド型サブスクリプションデータの表示では、Name 列はインベントリー UUID を使用しています。この ID は、Red Hat OpenShift Cluster Manager でクラスターに使用されているクラスター ID とは異なります。また、Name 列のインベントリー UUID には、Red Hat OpenShift Cluster Manager のクラスターレコードへのリンクはありません。ただし、サブスクリプションサービスと Red Hat OpenShift Cluster Manager の両方で、利用可能な検索フィルターを使用してこれらの ID を相互に参照することができます。

システムのタイプを含む Type 列では、このタイプは製品または製品セットのデプロイ先の infrastructure type タイプを示しています。システムは、物理的なホスト、ハイパーバイザー、個々の仮想マシン、またはパブリッククラウドのインスタンスなどの他の形態の仮想デプロイメントである可能性があります。この列の情報は、すべての製品に当てはまるとは限らないので、一部の製品では Type 列が表示されない場合があります。

この列では、そのシステムの 使用量の合計 が表示されますが、列のラベルは製品の使用量の測定方法によって異なります。使用が複数のメトリクスで測定されるサブスクリプションの場合は、複数の列が表示されます。使用量とは、製品または製品セットがそのシステム上で消費している物理的なハードウェアの実際の量または同等の量です。使用量は、適用される 測定単位 に従ってカウントされますが、これはサブスクリプションの条件によって決定されます。たとえば、ソケットで販売されているサブスクリプションの場合には、使用量の合計は、システムで消費されたソケット (サブスクライブされたソケットとも呼ばれる) の数となります。オンデマンド型サブスクリプションなどのその他のサブスクリプションには、コア時間などの異なる条件で販売されるか、データ転送、データストレージ、インスタンス時間など、条件に複数のメトリクスが含まれる場合があります。

注記

使用量の合計のデータは、サブスクリプションサービスの更新またはハートビートのサイクルに基づいています。年間契約の場合、使用量の合計として表示される値は、直近に集計された日の使用量の24時間分のスナップショットに基づいています。オンデマンド型サブスクリプションの場合には、この値はサブスクリプションサービスで利用可能な最新の集計データであり、当日からのデータである可能性があります。

Last seen の列に日付が含まれる場合には、その last seen date は、モニタリングスタックのインベントリーサービス、Red Hat OpenShift Cluster Manager やその他のツールなど、Cloud Services プラットフォームツールで最後にシステムが検出された日付です。インベントリーサービスおよびモニタリングスタックは、サブスクリプションやその他のツールが使用量を計算するために実行する基本的なタスクの一部として、さまざまなデータ収集ツールによって収集されたシステムデータの識別と重複排除をサポートします。

使用量と使用率のグラフと同様に、フィルターを使用して、現在のシステムの表に表示されるデータを変更することができます。しかし、日単位から週単位に変更するなど、時間間隔を変更しても、現在のシステム表には影響がありません。表示されるデータは、最新のスナップショットであるため、通常は24時間以内のものです。

また、検索フィールドを使って、特定のシステム名や類似した名前のシステムのグループを現在のシステムテーブルで検索することもできます。完全一致文字列と部分一致文字列を受け付けますが、一般的なワイルドカード文字は特殊文字のワイルドカードではなく、リテラル文字として扱われます。

テーブルビュー: 現在のサブスクリプションテーブル

現在のサブスクリプションテーブルには、このデータの最新のスナップショットから取得した、現在アクティブなサブスクリプションの詳細が表示されます。この表には、アカウント内でその製品を使用するための最大容量を把握するのに役立つ情報が含まれています。最大容量は、使用率と使用状況グラフビューでサブスクリプションのしきい値として表示されます。

この表は、サブスクリプションが販売される測定単位 (ソケットやコアなど) での各サブスクリプションの容量を示しています。すべての行の容量の合計は、サブスクリプションのしきい値と同じです。

現在のサブスクリプションテーブルのデータを使用すると、個々のサブスクリプションがサブスクリプションのしきい値にどのように貢献するかを完全に理解することができます。この情報は、既存のサブスクリプションの量を調整するか、使用するプロファイルにより適した別のサブスクリプションを購入するなど、今後の購入意思決定の計画に役立ちます。表の情報を使用して、契約の満了など、購入や更新に関連してビジネス活動に影響を与える可能性のある今後のイベントを予測することもできます。

注記

現時点で、Red Hat OpenShift Dedicated On-Demand などのオンデマンドサブスクリプションは、アカウントごとに 1 つのサブスクリプションに制限されます。したがって、現在のサブスクリプションテーブルは、このようなタイプの製品については表示されません。

現在のサブスクリプションテーブルの情報は通常、製品サブスクリプションの名前、サブスクリプションのサービスレベルアグリーメント(SLA)、サブスクリプションの数量、測定単位に応じたサブスクリプションの容量、およびサブスクリプションの次の更新イベントを示します。テーブルの列はすべてソート可能です。

Product コラムには、アカウントで現在アクティブな一意の製品サブスクリプションが一覧表示されます。まだアクティブになっていない将来の日付のサブスクリプションは、テーブルに表示されません。更新されなかった期限切れのサブスクリプションは、テーブルから削除されます。

通常、同じストック管理ユニット(SKU)を共有するサブスクリプションは、1 行に表示されます。同じ行にグループ化できるサブスクリプションには、次の特性が含まれます。

  • 購入した契約、購入した時間に拘らず、同じ SKU のサブスクリプション。
  • SKU が同じであるが、数量の違いなど、属性に若干の相違点があるが、新しい SKU を作成するに至らなかったサブスクリプション。

ただし、サブスクリプションによっては、製品列に複数回表示される場合があります。これらのサブスクリプションには、以下の特徴があります。

  • SKU が異なるものの、同じ説明テキストがあるサブスクリプション: サブスクリプションを表示するテキストは SKU の説明テキストから派生します。このテキストは SKU が違う場合も、同じである可能性があります。たとえば、2 つのサブスクリプションの主要な属性 (SLA など) が異なる可能性があり、その結果、変更された SLA の SKU が異なります。
  • 同じ SKU があるものの、異なる市場で購入されているサブスクリプション: Red Hat サブスクリプションの中には、Red Hat Marketplace や AWS Marketplace などの複数のクラウドプロバイダー市場で利用できます。このタイプのサブスクリプションには、複数の場所で利用できても SKU が 1 つあります。現在のサブスクリプションテーブルでは、これらのサブスクリプションは異なる行に表示され、購入にどのmarketplaceが使用されているかを明確にするのに役立ちます。

Service level の列には、サブスクリプションの条件内に定義されている通りの、サブスクリプションのサービスレベルアグリーメント (SLA) が含まれます。例として、Premium、Standard、または Self-Support が含まれます。この情報は、製品列の説明が同じ場合にその 2 つのサブスクリプションを区別するのに役立ちます。

Quantity 列には、SKU のアクティブなサブスクリプションの数が含まれます。たとえば、1 つのテーブル行には、同じトランザクションで購入した同じ SKU が複数含まれる可能性があります。また、異なるトランザクションで購入した同じ SKU が複数、含まれている場合もあります。

サブスクリプションの 容量 が表示される列では、列のラベルは、製品の使用状況の測定方法によって異なります。たとえば、RHEL はソケットペアで販売されているため、RHEL の容量列には Sockets というラベルが付いています。この容量列は、各テーブルの行でサブスクリプションで利用可能な最大使用率を測定します。使用量は、適用される 測定単位 に従ってカウントされますが、これはサブスクリプションの条件によって決定されます。まとめると、表内のすべての行の合計は、その製品のすべてのサブスクリプションに使用できる最大容量を表します。この値は、グラフビューのサブスクリプションしきい値でもあります。

注記

行に容量に制限なしで販売されるサブスクリプションが含まれている場合には、その行の容量値には、無制限の容量を表す無限大記号が表示されます。

一部の製品ページでは、容量列を、容量が該当しない場合は、別の列に置き換える可能性があります。たとえば、オンデマンド サブスクリプションの場合は、サブスクリプションタイプ のコラムに、Anual、On-Demand などのサブスクリプションのタイプが表示される場合があります。

Next update 列に は、その行に含まれるサブスクリプションの次の保留中の更新イベントが一覧表示されます。