Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

パート III. データ収集用のサブスクリプションサービスの設定

サブスクリプションサービスのデータ収集用の環境を設定するには、Red Hat Enterprise Linux および Red Hat OpenShift システムを、1 つまたは複数のデータ収集ツールを使用して Cloud Services プラットフォームサービスに接続します。

この環境をセットアップする手順が完了したら、サブスクリプションサービスを有効にして開くための手順を続けることができます。

以下の手順を実行します。

  1. Red Hat Enterprise Linux の使用状況のデータを収集するには、次の 3 つのステップのうち少なくとも 1 つを完了し、データ収集ツールを有効にして Red Hat Enterprise Linux システムを Cloud Services プラットフォームに接続します。この接続により、サブスクリプションの使用状況データがサブスクリプションサービスに表示されます。

    1. Red Hat Satellite で管理されているすべての RHEL システムに Insights をデプロイします。

    2. RHEL システムを管理するために Satellite が設定されていることを確認し、Satellite のインベントリーアップロードプラグインをインストールします。

    3. Red Hat サブスクリプション管理が RHEL システムを管理するために設定されていることを確認します。

  2. Red Hat OpenShift の使用状況データを収集するには、Cloud Services プラットフォーム上で以下の Red Hat OpenShift のデータ収集手順を実行します。

    1. クラスターに使用されているオペレーティングシステムに基づいて、Red Hat OpenShift とサブスクリプションサービス間の接続を設定します。

  3. Amazon Web Services 上の Red Hat Enterprise Linux ベースのインスタンスに関する高精度なパブリッククラウドの使用状況データを収集するには、次の手順を実行します。

    1. パブリッククラウドメータリングツールのデータ収集機能を有効にする Amazon Web Services ソースを追加します。