Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

5.4. Red Hat OpenShift のデータ収集に使用するRed Hat OpenShift モニタリングスタックとその他のツール

Red Hat OpenShift の利用状況のデータ収集は、Red Hat OpenShift の開発チームが開発したツールなど、複数のツールに依存しています。それらツールの 1 つが、Red Hat OpenShift Cluster Managerです。もう1 つのツールセットは、モニタリングスタックと呼ばれています。このツールセットは、オープンソースのPrometheus プロジェクトとそのエコシステムに基づいており、Prometheus、Telemetry、Thanos、Observatorium などが含まれています。

このサブスクリプションサービスは、Red Hat OpenShift 4.1 以降の製品を接続環境で使用しているお客様との連携を想定しています。サブスクリプションサービスが追跡可能な Red Hat OpenShift バージョン 4.1 以降の製品では、Red Hat OpenShift Cluster Manager と監視スタックツールを使用してクラスターデータを収集し、処理してから Red Hat サブスクリプション管理に送信します。Red Hat サブスクリプション管理は、関連する使用状況のデータを、インベントリーやサブスクリプションサービスなどの Cloud Services プラットフォームツールに提供します。

接続環境をご利用でないお客様は、Red Hat OpenShift Cluster Manager で各クラスターを手動で作成して、Red Hat OpenShift のデータ収集ツールを使用できます。この回避策により、切断された環境をご利用のお客様は、Red Hat OpenShift の使用状況を、アカウントレベルのビューでシミュレートできます。たとえば、接続環境がなく、複数の部門の分散されている組織の場合には、この回避策が役に立つ場合があります。

Red Hat OpenShift Container Platform バージョン 3.11 の場合に、データ収集は古い RHEL ベースのレポートモデルに依存しています。したがって、データ収集は、RHEL ノードが Insights、Red Hat サブスクリプション管理、Satellite などの RHEL データ収集ツールのいずれかに接続されているかどうかに依存します。