Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

3.2. Red Hat OpenShift

通常、サブスクリプションサービスでは、Red Hat OpenShift の使用状況を物理システムおよび仮想システム上のクラスターサイズとして追跡します。クラスターサイズ は、サブスクライブしたすべてのノードの合計となります。サブスクライブされたノード は、ワークロードを実行するコンピュートノードまたはワーカーノードであり、クラスターを管理するコントロールプレーンまたはインフラストラクチャーノードとは異なります。

ただし、この一般的なルール以外に、追跡はいくつかの要因に依存しています。

  • Red Hat OpenShift 製品
  • 対象製品に対して購入されたサブスクリプションの種類
  • 対象製品のバージョン
  • サブスクリプションで定義された製品の測定単位に従って、製品のクラスターサイズや全体の使用量を計算し、その結果として示される測定単位

3.2.1. 従来の年間サブスクリプションがある Red Hat OpenShift Container Platform

サブスクリプションサービスは、クラスターの CPU コアまたはソケット別で Red Hat OpenShift Container Platform の使用状況を追跡し、以下のバージョンサポートによって改良されているように、このデータをアカウントビューに集約します。

  • RHOCP 4.1 以降で、Red Hat Enterprise Linux CoreOS ベースのノード、または Red Hat Enterprise Linux CoreOS と RHEL ベースのノードの混合環境
  • RHOCP 3.11

RHOCP サブスクリプションの使用については、メジャーバージョン 3 とバージョン 4 の間でレポートモデルに変更がありました。バージョン 3 はノードレベルで、バージョン 4 はクラスターレベルでの使用を想定しています。

RHOCP メジャーバージョンのレポートモデルに相違点があるため、Cloud Services プラットフォームのサブスクリプションサービスと関連サービスの使用量の計算方法にも若干の違いがあります。RHOCP バージョン 4 では、サブスクリプションサービスは、オーバーヘッドタスクを実行するクラスターの部分を認識して無視します。クラスターのこれらの部分は一般的にインフラストラクチャーノードと呼ばれ、マスター、ルーター、レジストリー、メトリクス、ロギング、etcd、および類似のノードが含まれます。サブスクリプションサービスは、クラスターの中でも、ワーカーノードと呼ばれるコンピュートノードを含む部分のみを認識および追跡します。

しかし、RHOCP バージョン 3.11 の場合には、バージョン 3 の時代のレポートモデルは、インフラストラクチャーノードを区別して無視することはできません。したがって、RHOCP バージョン 3.11 では、サブスクリプションサービスが報告するサブスクリプションデータの約 15 %がインフラストラクチャーノードのオーバーヘッドであると想定できます。この割合は、RHOCP バージョン 3 のインストールにおけるクラスターのオーバーヘッドの分析に基づいています。この特定のケースでは、最大 15 %の容量超過を示す使用結果があっても、コンプライアンスに準拠している可能性が高いです。