Red Hat Subscription Management での API の使用

Subscription Central 1-latest

Subscription Management API の認可、管理、およびトラブルシューティング

Customer Content Services

概要

Red Hat サブスクリプションサービスは、Red Hat 製品に対するサブスクリプションの自動化、管理、追跡に役立つ開発および文書化された API を提供します。

1. Red Hat Subscription Management での API の使用

サブスクリプションサービスで API を使用すると、次の方法で Red Hat サブスクリプションの使用状況をより効果的に追跡し、自動化できます。

  • 各製品に使用するツールを制御する
  • システムとサブスクリプションのインベントリーをより適切に管理する
  • システムの更新とセキュリティー保護を効率化する
  • Red Hat 製品の正式サポートを継続して受ける

Red Hat Subscription Management API は認可に OAuth 2.0 を使用します。トークンを取得し、API にアクセスするには、以下の情報が必要になります。