第13章 サブスクリプションサービスの手動起動が必要かどうかの判断

お客様の組織の Red Hat アカウントの使用状況の追跡を開始するには、サブスクリプションサービスを有効にする必要があります。アクティベーションプロセスは、自動または手動で行うことができます。

手順

サブスクリプションサービスを自動的に有効にする以下のタスクを確認します。お客様の組織内の誰かがこれらのタスクの 1 つ以上を完了している場合は、サブスクリプションサービスを手動でアクティベートする必要はありません。

  • Red Hat Marketplace を通じた Red Hat OpenShift Container Platform または Red Hat OpenShift Dedicated の従量課金制オンデマンド型サブスクリプションの購入。従量課金制クラスターが OpenShift Cluster Manager と監視スタック経由で、使用量の報告を開始すると、サブスクリプションサービスが組織に対して自動的に有効になります。
  • Red Hat Marketplace や Amazon Web Services (AWS) などのクラウドプロバイダーマーケットプレイスを通じた Red Hat Cloud Services の従量課金制オンデマンドサブスクリプションの購入。これらのタイプの製品の例には、Red Hat OpenShift Data Science または Red Hat Advanced Cluster Security for Kubernetes が含まれます。これらの製品がモニタリングスタックを通じて使用状況の報告を開始すると、サブスクリプションサービスが組織に対して自動的にアクティブ化されます。
  • RHEL 管理バンドルを選択した状態での Hybrid Cloud Console インテグレーションサービスを使用した Amazon Web Services インテグレーションの作成。インテグレーションを作成するプロセスでも、サブスクリプションサービスがアクティブ化されます。
  • RHEL 管理バンドルを選択した状態での Hybrid Cloud Console インテグレーションサービスを使用した Microsoft Azure インテグレーションの作成。インテグレーションを作成するプロセスでも、サブスクリプションサービスがアクティブ化されます。

    注記

    インテグレーションサービスは、以前は Hybrid Cloud Console のソースサービスと呼ばれていました。

これらのタスク、特に購入タスクは、Red Hat 組織の組織管理者 (org admin) ロールを持つユーザーが頻繁に実行します。インテグレーション作成タスクは、Hybrid Cloud Console のロールベースのアクセス制御 (RBAC) システムでソース管理者ロールが割り当てられたユーザーが実行する必要があります。