第19章 サブスクリプションサービスのデータ取得および更新方法

データ収集ツールは、サブスクリプションの利用状況に関するデータを含むデータを収集し、定期的に、このデータを分析および処理する Hybrid Cloud Console ツールに送信します。データを処理した後、サブスクリプションの利用状況や容量に関するデータなど、サブスクリプションサービスに必要なデータをサブスクリプションサービスに送信し、表示させます。年間サブスクリプションの場合、このデータは 1 日 1 回送信されます。オンデマンド型サブスクリプションでは、このデータをより頻繁に更新でき、通常は 1 日に数回更新できます。したがって、サブスクリプションサービスに表示されるデータは、1 日に 1 回または 1 日に数回の間隔で結果を集計したもので、リアルタイムの継続的な使用状況を監視するわけではありません。

Red Hat Enterprise Linux のデータパイプライン

次のイメージは、RHEL のデータを収集からサブスクリプションサービスでの表示まで移動させるデータパイプラインの詳細を示しています。データ収集ツールは、Red Hat Insights、Satellite、サブスクリプション管理エージェントによる Red Hat サブスクリプション管理のいずれを使用している場合でも、データを Hybrid Cloud Console の処理ツールに送信します。データが処理されると、インベントリーサービスなどの Hybrid Cloud Console ツールで利用できます。サブスクリプションサービスでは、インベントリーサービスで利用可能なデータのサブセットを使用して、サブスクリプションの使用状況や容量に関するデータを表示します。

図19.1 サブスクリプションサービスのための RHEL データパイプライン

サブスクリプションサービスのための RHEL データパイプライン

Red Hat OpenShift のデータパイプライン

Red Hat OpenShift は、Red Hat Enterprise Linux または Red Hat Enterprise Linux CoreOS をベースにしたノードを持つことができます。RHCOS をベースにしたノードのみが、OpenShift Cluster Manager やモニタリングスタックなど、Red Hat OpenShift データパイプラインのツールを通じてデータを報告します。RHEL ノードは、Red Hat Insights、Satellite、または Red Hat サブスクリプション管理など、RHEL データパイプラインのツールを通じてレポートします。

表19.1 ノードレポートとデータパイプライン

Red Hat OpenShift のバージョンノードのオペレーティングシステム使用するデータパイプライン

Version 4

RHCOS

Red Hat OpenShift パイプライン

クラスター報告に集約されたノード

分析されたノードを判別するために分析されたノードタイプとノードラベル

Version 4

RHEL

Red Hat OpenShift パイプライン

ノードを個別に報告

分析されたノードを判別するために分析されたノードタイプとノードラベル

Version 3

RHEL

RHEL パイプライン

ノードを個別に報告

サブスクライブされたノードとサブスクライブされていないノードを区別できない

Red Hat OpenShift バージョン 4.1 以降のデータ収集の場合、Telemetry、Prometheus、Thanos などの監視スタックで利用可能なツールは、サブスクライブされていないノードのアクティビティーを無視しながら、すべてのサブスクライブされたノードの CPU アクティビティーを監視し、定期的に合計します。そのデータは、新しいクラスター、サイズ変更されたクラスター、削除されたエンティティーを持つクラスターに対して、異なる間隔で Red Hat OpenShift Cluster Manager に送信され、カレントの状態を維持します。

その後、Red Hat OpenShift Cluster Manager は、既存のクラスターのクラスターサイズ属性を更新し、Hybrid Cloud Console のインベントリーツールに新しいクラスターのエントリーを作成します。

最後に、サブスクリプションサービスがインベントリーデータを分析し、サブスクリプションプロファイルの各 Red Hat OpenShift 製品のアカウント全体の使用情報を作成します。この情報は、サブスクリプションの種類に応じた容量データとともに、サブスクリプションサービスインターフェイスに表示されます。Red Hat OpenShift Container Platform の年間サブスクリプションの場合、使用情報にはコアとソケットの両方の使用が含まれます。Red Hat OpenShift Container Platform または OpenShift Dedicated のオンデマンド型サブスクリプションの場合、使用情報にはコア時間の使用量が表示されます。

図19.2 サブスクリプションサービスの Red Hat OpenShift データパイプライン

サブスクリプションサービスの Red Hat OpenShift データパイプライン

Red Hat Cloud Services データパイプライン

Red Hat OpenShift Data Science や Red Hat Advanced Cluster Security for Kubernetes などの Red Hat Cloud Services ポートフォリオの管理サービスは、Red Hat インフラストラクチャーに依存します。そのインフラストラクチャーの一部には、他のジョブの中でも、サブスクリプションサービスのサブスクリプションの使用状況に関するデータを提供する、モニタリングスタックツールが含まれています。したがって、Red Hat Cloud Services サービスは、Red Hat OpenShift データパイプラインで使用されるツールを使用して使用状況を報告します。

データ収集ツールのハートビート

データ収集ツールが処理のためにデータを送信する頻度 (ハートビートとも呼ばれる) は、ツールによって異なります。この変動は、サブスクリプションサービスが表示するデータの鮮度に影響を与える可能性があります。

次の表は、データ収集ツールのデフォルトのハートビートを示しています。場合によっては、これらの値はそのデータ収集ツールの中で設定可能です。

表19.2 データ収集ツールのハートビート

ツール設定可能ハートビートの間隔

Insights

No

毎日、24 時間ごとに 1 回です。

Red Hat Subscription Management

Yes

1 日に複数回、デフォルトは 4 時間です。

Satellite

Yes

毎月、Satellite スケジューラー機能で設定できます。

使用されている場合、Satellite インベントリープラグインは、手動送信オプションで毎日レポートします。

また、仮想ゲストとホストのマッピングに関する正確な情報を維持するために、ベストプラクティスとして virt-who ユーティリティーを毎日実行することを推奨します。

Red Hat OpenShift

No

データパイプラインには、Red Hat OpenShift Container Platform のモニタリングスタックや Hybrid Cloud Console のツールなど、間隔の異なる複数のツールが関わっています。

Red Hat OpenShift Container Platform モニタリングスタック:
15 分ごとに新しいクラスターが識別され、
クラスターサイズは 2 時間ごとに更新されます
。また、削除されたエンティティーのクラスターのクリーンアップは 5 時間ごとに更新されます。

Red Hat OpenShift Cluster Manager:
新しいクラスターは Red Hat サブスクリプション管理に対して 15 分ごとに識別され、
既存のクラスターは 6 時間ごとに同期されます。

サブスクリプションサービス:
毎日、年間サブスクリプションの場合は 24 時間に 1 回、オンデマンド型サブスクリプションの場合は 1 日複数回です。