5.6. Red Hat サービスのクラウドインテグレーション

一部の従量課金制オンデマンド型サブスクリプションのデータを収集するには、Hybrid Cloud Console のインテグレーションサービスで設定されたクラウドインテグレーションと呼ばれる接続が必要です。

Red Hat Hybrid Cloud Console 上の クラウドインテグレーション は、別の Hybrid Cloud Console サービスにデータを提供するサービス、アプリケーション、またはプロバイダーへの接続を提供します。接続されたサービスは、クラウドインテグレーションを通じて、パブリッククラウドプロバイダーやその他のサービスまたはツールに接続してデータを使用し、当該サービスのデータを収集できます。

次の製品では、サブスクリプションサービスのデータ収集を有効にするためにクラウドインテグレーションの設定が必要です。

  • Extended Life Cycle Support アドオンを備えた Red Hat Enterprise Linux for Third Party Linux Migration

関連情報

  • Red Hat OpenShift Cluster Manager でのバージョン 4.1 のオフラインのクラスターの登録に関する追加情報は、クラスターの管理 ガイドのクラスターのサブスクリプションと登録に関する章を参照してください。