4.2. 非推奨の機能

以下の表で、Red Hat Virtualization の将来のバージョンでは廃止される予定の非推奨機能を説明します。

表4.2 非推奨の機能

非推奨の機能詳細

リモートエンジンデータベース

デプロイメント時に実装されたか、デプロイメント後に移行するかに関係なく、リモートエンジンデータベースが非推奨になりました。この機能は、今後のリリースでデプロイメントスクリプトから削除されます。

Cisco Virtual Machine Fabric Extender (VM-FEX)

Cisco Virtual Machine Fabric Extender (VM-FEX) のサポートは非推奨になりました。この機能は今後のリリースで削除されます。

エクスポートドメイン

データドメインを使用してください。データセンター間で データドメインを移行 し、データドメインから新しいデータセンターに仮想マシンをインポート してください。

Red Hat Virtualization 4.4 の一部のタスクには、引き続きエクスポートドメインが必要です。

ISO ドメイン

データドメインを使用してください。データドメインにイメージをアップロードします。Red Hat Virtualization 4.4 の一部のタスクには、引き続き ISO ドメインが必要です。

ovirt-guest-agent

ovirt-guest-agent プロジェクトに対応しなくなりました。qemu-guest-agent バージョン 2.12.0 以降を使用してください。

moVirt

Red Hat Virtualization 用モバイル Android アプリ。

OpenStack Networking (Neutron)

外部ネットワークプロバイダーとしての Red Hat OpenStack Networking (Neutron) のサポートは非推奨となり、Red Hat Virtualization 4.4.5 で削除されました。

OpenStack block storage (Cinder)

Red Hat OpenStack block storage (Cinder) のサポートは非推奨となり、今後のリリースで削除されます。

インスタンスタイプ

仮想マシンのハードウェア設定の定義に使用できるインスタンスタイプのサポートは非推奨となりました。この機能は今後のリリースで削除されます。

リモートホストでの WebSocket プロキシーのデプロイメント

サードパーティーの Websocket プロキシーデプロイメントのサポートは非推奨となり、今後のリリースで削除されます。

仮想マシンの SSO

ovirt-guest-agent パッケージが非推奨となったため、Red Hat Enterprise Linux バージョン 7 以前を実行している仮想マシンでは、シングルサインオン(SSO)は非推奨になりました。

SSO は、Red Hat Enterprise Linux 8 以降を実行している仮想マシンまたは Windows オペレーティングシステムではサポートされません。