Menu Close

第1章 概要

Python ソフトウェア開発キットのバージョン 4 は、Python ベースのプロジェクトで Red Hat Virtualization Manager との対話を可能にするクラスのコレクションです。これらのクラスをダウンロードし、プロジェクトに追加すると、管理タスクのハイレベル自動化の機能範囲にアクセスできます。

注記

SDK のバージョン 3 はサポートされなくなりました。詳細は、RHV 4.3 のガイドを参照してください

Python 3.7 および async

Python 3.7 以降のバージョンでは、async は予約されたキーワードです。たとえば、async =True によりエラーが発生するため、以下の例のように、以前にサポートされていたサービスのメソッドに async パラメーターを使用することはできません。

dc = dc_service.update(
    types.DataCenter(
        description='Updated description',
    ),
    async=True,
)

このソリューションでは、パラメーター(async_)にアンダースコアを追加します。

dc = dc_service.update(
    types.DataCenter(
        description='Updated description',
    ),
    async_=True,
)
注記

この制限は、Python 3.7 以降にのみ適用されます。Python の以前のバージョンでは、この変更は必要ありません。

1.1. 前提条件

Python ソフトウェア開発キットをインストールするには、以下が必要になります。

  • Red Hat Enterprise Linux 8 がインストールされているシステム。Server と Workstation の両方のバリアントがサポートされます。
  • Red Hat Virtualization エンタイトルメントのサブスクリプション。
重要

ソフトウェア開発キットは、Red Hat Virtualization REST API のインターフェースです。お使いの Red Hat Virtualization 環境のバージョンに対応するソフトウェア開発キットのバージョンを使用します。たとえば、Red Hat Virtualization 4.3 を使用している場合は、V4 Python ソフトウェア開発キットを使用します。