付録E スタンドアロン Red Hat Virtualization Manager の削除

engine-cleanup コマンドは、Red Hat Virtualization Manager のすべてのコンポーネントを削除し、以下を自動的にバックアップします。

  • /var/lib/grafana/ の Grafana データベース
  • /var/lib/ovirt-engine/backups/ の Manager データベース
  • /var/lib/ovirt-engine/backups/ の PKI キーおよび設定の圧縮アーカイブ

バックアップファイル名には、日付と時刻が含まれます。

警告

この手順は、Red Hat Virtualization Manager のスタンドアロンインストールでのみ使用してください。

手順

  1. Manager マシンで以下のコマンドを実行します。

    # engine-cleanup
  2. 次に進む前に、Manager サービスを停止する必要があります。確認が求められます。OK を入力して続行します。

    During execution engine service will be stopped (OK, Cancel) [OK]:
  3. すべての Manager コンポーネントを削除することを確認するように求められます。OK と入力してすべてのコンポーネントを削除するか、Cancel と入力して engine-cleanup を終了します。

    All the installed ovirt components are about to be removed, data will be lost (OK, Cancel) [Cancel]: OK

    engine-cleanup は、削除されたコンポーネントおよびバックアップファイルの場所について詳しく説明します。

  4. Red Hat Virtualization パッケージを削除します。

    # dnf remove rhvm* vdsm-bootstrap