前書き

スタンドアロンの Manager は手動でインストールを行い、カスタマイズが可能です。Red Hat Enterprise Linux マシンをインストールし、続いて設定スクリプト (engine-setup) を実行して、Red Hat Virtualization Manager をどのように設定するかに関する情報を提供する必要があります。Manager を実行したら、ホストおよびストレージを追加します。仮想マシンの高可用性のためには、少なくとも 2 台のホストが必要です。

ローカルデータベース環境では、Manager の設定スクリプトにより Manager データベースおよび Data Warehouse データベースを自動的に作成することができます。または、engine-setup を実行する前に、これらのデータベースを Manager マシンで手動で作成できます。

環境オプションおよび推奨される構成に関する情報は、『Planning and Prerequisites Guide』 を参照してください。

表1 Red Hat Virtualization の主要コンポーネント

コンポーネント名説明

Red Hat Virtualization Manager

環境内のリソースを管理するグラフィカルユーザーインターフェースと REST API を提供するサービス。Manager は、Red Hat Enterprise Linux を実行する物理マシンまたは仮想マシンにインストールされます。

ホスト

サポートされているホストには、Red Hat Enterprise Linux ホスト (RHEL ホスト) と Red Hat Virtualization Host (イメージベースのハイパーバイザー) の 2 つのタイプがあります。ホストは、Kernel-based Virtual Machine (KVM) テクノロジーを使用して、仮想マシンを実行するためのリソースを提供します。

共有ストレージ

仮想マシンに関連付けられたデータの保管に使用するストレージサービス

Data Warehouse

Manager から設定情報および統計データを収集するサービス

スタンドアロンの Manager のアーキテクチャー

Red Hat Virtualization Manager は物理サーバーか、別の仮想環境でホストされている仮想マシン上で実行されます。スタンドアロンの Manager は、デプロイと管理が簡単ですが、追加の物理サーバーが 1 台必要となります。Manager は、Red Hat の High Availability Add-On などの別製品を使用して外部から管理した場合にのみ高可用性になります。

スタンドアロンの Manager 環境の最小限のセットアップには、以下が含まれます。

  • Red Hat Virtualization Manager マシン 1 台。Manager は通常物理サーバーにデプロイされます。仮想マシン上にデプロイすることも可能ですが、その仮想マシンは別の環境でホストされていなければなりません。Manager は Red Hat Enterprise Linux 8 上で実行する必要があります。
  • 仮想マシンの高可用性には、最小でホストが 2 台。Red Hat Enterprise Linux ホストまたは Red Hat Virtualization Host (RHVH) を使用することができます。VDSM (ホストエージェント) は全ホストで実行され、Red Hat Virtualization Manager との通信を円滑に行います。
  • ストレージサービスを 1 つ。使用するストレージタイプに応じて、ローカルまたはリモートサーバーでホストすることができます。ストレージサービスは全ホストからアクセス可能である必要があります。

図1 スタンドアロンの Manager の Red Hat Virtualization アーキテクチャー

スタンドアロンの Manager の Red Hat Virtualization アーキテクチャー