第3章 Red Hat Virtualization Manager のインストール

Red Hat Virtualization Manager のインストールには、以下の手順が必要です。

3.1. Red Hat Virtualization Manager マシンの準備

Red Hat Virtualization Manager は Red Hat Enterprise Linux 8 上で実行する必要があります。詳細なインストール手順は 『標準的な RHEL インストールの実行』 を参照してください。

このマシンは最低限の Manager ハードウェア要件 を満たしている必要があります。

コンテンツ配信ネットワークにアクセスできないシステムに Red Hat Virtualization Manager をインストールするには、Manager を設定する前に「付録A Red Hat Virtualization Manager をオフラインでインストールするためのローカルリポジトリーの設定」を参照してください。

デフォルトでは、Red Hat Virtualization Manager の設定スクリプト engine-setup は、Manager データベースおよび Data Warehouse データベースを自動的に Manager マシンに作成/設定します。なお、どちらか (または両方) のデータベースを手動で設定するには、Manager を設定する前に「付録B 手動設定のローカル PostgreSQL データベースの準備」を参照してください。