2.2. ホストの要件

Red Hat Virtualization のハードウェア認定には、Red Hat Enterprise Linux のハードウェア認定が適用されます。詳細は、https://access.redhat.com/solutions/725243 を参照してください。特定のハードウェア項目が Red Hat Enterprise Linux での使用に認定されているかどうかを確認するには、https://access.redhat.com/ecosystem/#certifiedHardware を参照してください。

ゲストに適用される要件および制限に関する詳しい情報は、「Red Hat Enterprise Linux テクノロジーの機能と制限」 および 「Red Hat Enterprise Virtualization における仮想化の制限」 を参照してください。

2.2.1. CPU の要件

すべての CPU が Intel® 64 または AMD64 CPU の拡張機能をサポートし、AMD-V™ または Intel VT® のハードウェア仮想化拡張機能が有効化されている必要があります。No eXecute flag (NX) のサポートも必要です。

以下の CPU モデルがサポートされています。

  • AMD

    • Opteron G4
    • Opteron G5
    • EPYC
  • Intel

    • Nehalem
    • Westmere
    • SandyBridge
    • IvyBridge
    • Haswell
    • Broadwell
    • Skylake (クライアント)
    • Skylake (サーバー)
    • Cascadelake サーバー
  • IBM

    • POWER8
    • POWER9

セキュリティー更新のある CPU モデルごとに、CPU タイプ は基本的なタイプと安全なタイプを一覧表示します。たとえば、以下のような構成です。

  • Intel Cascadelake サーバーファミリー
  • Intel Cascadelake サーバーファミリーのセキュリティー保護

安全な CPU タイプには最新の更新が含まれます。詳細は、BZ#1731395 を参照してください。

2.2.1.1. プロセッサーが必要なフラグをサポートしているかどうかのチェック

BIOS で仮想化を有効にする必要があります。この設定を行った後には、ホストの電源をオフにしてから再起動して、変更が適用されるようにします。

  1. Red Hat Enterprise Linux または Red Hat Virtualization Host の起動画面で任意のキーを押し、一覧から BootBoot with serial console のエントリーを選択します。
  2. Tab を押して、選択したオプションのカーネルパラメーターを編集します。
  3. 最後のカーネルパラメーターの後にスペースがあり、パラメーター rescue を追加します。
  4. Enter を押して、レスキューモードで起動します。
  5. プロンプトが表示されたら以下のコマンドを実行して、プロセッサーに必要な拡張機能があるかどうか、またそれらが有効になっているかどうかを確認します。

    # grep -E 'svm|vmx' /proc/cpuinfo | grep nx

何らかの出力が表示されれば、プロセッサーはハードウェアの仮想化が可能です。出力が何も表示されない場合でも、プロセッサーがハードウェアの仮想化に対応している可能性があります。場合によっては、メーカーが BIOS で仮想化拡張機能を無効にしていることがあります。これに該当すると思われる場合には、メーカーが提供しているシステムの BIOS やマザーボードに関するマニュアルを参照してください。