3.5. SAN ベンダーのマルチパス設定のカスタマイズ

RHV 環境が SAN とのマルチパス接続を使用するように設定されている場合には、ストレージベンダーが指定する要件を満たすようにマルチパス設定をカスタマイズできます。このカスタマイズは、/etc/multipath.conf で指定した設定と、デフォルトの設定の両方を上書きできます。

マルチパス設定を上書きする場合は、/etc/multipath.conf をカスタマイズしないでください。VDSM は /etc/multipath.conf を所有するので、VDSM または Red Hat Virtualization をインストールまたはアップグレードすると、カスタマイズを含むこのファイルが上書きされます。この上書きにより、重大なストレージ障害が発生する可能性があります。

代わりに、カスタマイズまたは上書きする設定が含まれる /etc/multipath/conf.d/user.conf ディレクトリーにファイルを作成します。

VDSM は、/etc/multipath/conf.d/user.conf のファイルをアルファベット順に実行します。そこで、実行の順番を制御するには、ファイル名を番号で開始し、アルファベット順後の最後に来るようにします。たとえば、/etc/multipath/conf.d/user.conf/90-myfile.conf です。

重大なストレージ障害を引き起こさないように、以下のガイドラインに従ってください。

  • /etc/multipath.conf は変更しないでください。ファイルにユーザー変更が含まれる場合にこのファイルが上書きされると、想定外のストレージ障害が発生する可能性があります。
  • user_friendly_namesfind_multipaths の設定を上書きしないでください。詳細は、「Multipath.conf の推奨される設定」 を参照してください。
  • ストレージベンダーから明示的に求められない限り、no_path_retrypolling_interval の設定を上書きしないようにします。詳細は、「Multipath.conf の推奨される設定」 を参照してください。
警告

これらのガイドラインに従わないと、非常に深刻なストレージ障害が発生する可能性があります。

前提条件

  • VDSM がマルチパスモジュールを使用するように設定されています。これを確認するには、以下を入力します。

    # vdsm-tool is-configured --module multipath

手順

  1. /etc/multipath/conf.d/user.conf ディレクトリーに新しい設定ファイルを作成します。
  2. 上書きする個々の設定を、/etc/multipath.conf から /etc/multipath/conf.d/user.conf 内の新しい設定ファイルにコピーします。コメントマークを削除して設定値を編集し、変更を保存します。
  3. 以下を入力して、新しい設定を適用します。

    # systemctl reload multipathd
    注記

    multipathd サービスを再起動しないでください。これにより、VDSM ログにエラーが生成されます。

検証手順

テストを行うと、新規の設定は、さまざまな障害シナリオにおける実稼働以外のクラスターで、想定通りに実行されます。たとえば、ストレージの接続をすべて無効にします。その後、一度に 1 つの接続を有効にし、これによりストレージドメインに到達可能であることを確認します。