第4章 セルフホストエンジン用デプロイメントホストのインストール

セルフホストエンジンは、Red Hat Virtualization Host または Red Hat Enterprise Linux ホスト からデプロイすることができます。

重要

高可用性のためにボンドインターフェースを使用する、またはトラフィックをタイプごとに分離するために VLAN を使用する場合は (例: ストレージ用の接続と管理用の接続)、セルフホストエンジンのデプロイメント開始前にホストに設定する必要があります。詳細は、『Planning and Prerequisites Guide』「Networking Recommendations」 を参照してください。

4.1. Red Hat Virtualization Host のインストール

Red Hat Virtualization Host (RHVH) は、Red Hat Virtualization 環境でハイパーバイザーとして機能する物理マシンの簡単な設定方法を提供するために設計された、Red Hat Enterprise Linux をベースとする最小構成のオペレーティングシステムです。この最小構成のオペレーティングシステムには、マシンがハイパーバイザーとして機能するのに必要なパッケージのみが含まれており、ホストの監視や管理タスクの実行用に Cockpit Web インターフェースが備えられています。最低限のブラウザー要件については、http://cockpit-project.org/running.html を参照してください。

RHVH は NIST SP 800-53 パーティショニングの要件をサポートし、より強固なセキュリティーを提供します。RHVH は、デフォルトで NIST 800-53 パーティションレイアウトを使用します。

ホストは最低限の ホスト要件 を満たしている必要があります。

警告

ホストのオペレーティングシステムのインストールまたは再インストールを行う場合、Red Hat では、ホストにアタッチされている既存の OS 以外のストレージを最初にデタッチすることを強く推奨しています。これは、ディスクを誤って初期化してデータが失われる可能性を避けるためです。

手順

  1. Red Hat カスタマーポータルの Red Hat Virtualization を使い始める にアクセスし、ログインします。
  2. Download Latest をクリックして、製品のダウンロードページに移動します。
  3. 一覧からRHV に適した ハイパーバイザーイメージ を選択し、今すぐダウンロードする をクリックします。
  4. RHVH のインストール先となるマシンを起動し、準備したインストールメディアから起動します。
  5. 起動メニューから Install RHVH 4.4 を選択し、Enter を押します。

    注記

    また、Tab キーを押してカーネルパラメーターを編集することもできます。カーネルパラメーターはスペースで区切る必要があります。また、指定したカーネルパラメーターを使用してシステムを起動するには、Enter キーを押します。Esc キーを押してカーネルパラメーターへの変更を消去し、起動メニューに戻ります。

  6. 言語を選択し、続行 をクリックします。
  7. キーボードレイアウト の画面からキーボードのレイアウトを選択して 完了 をクリックします。
  8. インストール先 の画面から RHVH のインストール先のデバイスを選択します。オプションで暗号化を有効にします。完了 をクリックします。

    重要

    パーティションを自動構成する オプションを使用します。

  9. 日付と時刻 の画面からタイムゾーンを選択し、完了 をクリックします。
  10. ネットワーク & ホスト名 の画面からネットワークを選択し、設定 をクリックして接続の詳細を設定します。

    注記

    システムの起動ごとに接続を使用する場合は、優先的に自動接続する のチェックボックスを選択します。詳細は、『標準的な RHEL インストールの実行』「ネットワークおよびホスト名のオプションの設定」 を参照してください。

    ホスト名を ホスト名 フィールドに入力し、完了 をクリックします。

  11. オプションで 言語サポートセキュリティーポリシー、および Kdump を設定します。インストールの概要 画面の各セクションの詳細は、『Red Hat Enterprise Linux 8 標準的な RHEL インストールの実行』「インストールのカスタマイズ」 を参照してください。
  12. インストールの開始 をクリックします。
  13. RHVH のインストールの際に root パスワードを設定して、オプションで追加のユーザーを作成します。

    警告

    ローカルのセキュリティー脆弱性が攻撃される可能性があるので、RHVH に信頼できないユーザーを作成しないでください。

  14. 再起動 をクリックしてインストールを完了します。

    注記

    RHVH の再起動時に、nodectl check はホストでヘルスチェックを実行し、コマンドラインへのログイン時に結果を表示します。node status: OK または node status: DEGRADED のメッセージはヘルスステータスを示します。nodectl check を実行して詳細情報を取得します。

4.1.1. Red Hat Virtualization Host のリポジトリーの有効化

更新を受け取るためにシステムを登録します。Red Hat Virtualization Host に必要なリポジトリーは 1 つだけです。本セクションでは、RHVH を コンテンツ配信ネットワーク または Red Hat Satellite 6 に登録する手順について説明します。

コンテンツ配信ネットワークへの RHVH の登録

  1. https://HostFQDNorIP:9090 で Cockpit Web インターフェースにログインします。
  2. サブスクリプション に移動し、登録 をクリックしてカスタマーポータルのユーザー名とパスワードを入力します。Red Hat Virtualization Host のサブスクリプションが自動的にシステムにアタッチされます。
  3. Terminal をクリックします。
  4. Red Hat Virtualization Host 8 のリポジトリーを有効にして、Red Hat Virtualization Host に対する後続の更新を可能にします。

    # subscription-manager repos --enable=rhvh-4-for-rhel-8-x86_64-rpms

Red Hat Satellite 6 への RHVH の登録

  1. https://HostFQDNorIP:9090 で Cockpit Web インターフェースにログインします。
  2. Terminal をクリックします。
  3. RHVH を Red Hat Satellite 6 に登録します。

      # rpm -Uvh http://satellite.example.com/pub/katello-ca-consumer-latest.noarch.rpm
      # subscription-manager register --org="org_id"
      # subscription-manager list --available
      # subscription-manager attach --pool=pool_id
      # subscription-manager repos \
        --disable='*' \
        --enable=rhvh-4-for-rhel-8-x86_64-rpms
注記

virt-who を使用して、Red Hat Satellite で仮想マシンのサブスクリプションを設定することもできます。「virt-who を使用したホストベースのサブスクリプションの管理」 を参照してください。