第5章 Red Hat Virtualization Manager のインストール

5.1. RHV-M Appliance の手動インストール

セルフホストエンジンをデプロイすると、以下の一連のイベントが発生します。

  1. インストーラーは RHV-M Appliance をデプロイメントホストにインストールします。
  2. Appliance は Manager 用仮想マシンをインストールします。
  3. Appliance は Manager 用仮想マシンに Manager をインストールします。

ただし、必要な場合は、事前にデプロイメントホストに Appliance を手動でインストールできます。Appliance は大規模なため、ネットワーク接続の問題により Appliance のインストールに長時間を要するか、または失敗する可能性があります。

手順

  1. Red Hat Enterprise Linux ホスト上

    1. virt モジュールをリセットします。

      # dnf module reset virt
      注記

      Advanced Virtualization ストリームでこのモジュールがすでに有効になっている場合は、このステップは必要なく、マイナス要因となることもありません。

      以下を入力してストリームの値を確認できます。

      # dnf module list virt
    2. 以下のコマンドを使用して、Advanced Virtualization ストリームで virt モジュールを有効にします。

      • RHV 4.4.2 の場合:

        # dnf module enable virt:8.2
      • RHV 4.4.3 から 4.4.5 の場合:

        # dnf module enable virt:8.3
      • RHV 4.4.6 以降の場合:

        # dnf module enable virt:av
        注記

        RHEL 8.4 以降、Advanced Virtualization ストリーム rhel:av は 1 つだけ使用されます。

  2. インストール済みのパッケージを同期して、利用可能な最新バージョンに更新します。

    # dnf distro-sync --nobest
  3. RHV-M Appliance を手動でホストにインストールします。

    # dnf install rhvm-appliance

これで、セルフホストエンジンをデプロイすると、インストーラーは Appliance がすでにインストールされていることを検出します。