6.2.3. Red Hat Enterprise Linux ホストへの Cockpit のインストール

ホストのリソースの監視および管理タスクの実施のために、Cockpit をインストールすることができます。

注記

Cockpit パッケージが非推奨になりました。Cockpit のサポートは今後のリリースで削除されます。

手順

  1. dashboard パッケージをインストールします。

    # dnf install cockpit-ovirt-dashboard
  2. cockpit.socket サービスを有効にして起動します。

    # systemctl enable cockpit.socket
    # systemctl start cockpit.socket
  3. ファイアウォールで Cockpit がアクティブなサービスかどうかを確認します。

    # firewall-cmd --list-services

    cockpit のリストが表示されるはずです。表示されない場合には、root 権限で以下のコマンドを入力し、cockpit をサービスとしてファイアウォールに追加します。

    # firewall-cmd --permanent --add-service=cockpit

    --permanent オプションは、再起動後も cockpit サービスをアクティブな状態を維持します。

https://HostFQDNorIP:9090 で Cockpit Web インターフェースにログインできます。